> stream 有効求人倍率 まずは、それぞれの具体的な数字と共に、人口減少の実態を多角的に掴んでみましょう。 (��^��&rطn�'�k�B�������y@QG1��D��yԢ5}��)�ʵ��Y�q>k�3��+����3F���׾RP�]_f�����=�w�}��V���������z���451u��ҵ��mn�].ޤ��MB��h�jYb+�Mo������#�zSgx����Rg����s��X8^mo0�N!��yɭ�kt�99���d1�f����K� �� endstream endobj 206 0 obj 497 endobj 207 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 206 0 R >> stream からも人口減少に関する多 立した「少子化社会対策基 ), 年に滋賀県におい ),などがあげられる。こ ける人口減少からもたらさ ての地域における人口減少 *この論文 課題番号 謝の意を表 についてはま このように 本全国の各地 勝山市地方創生総合戦略について 日本の総人口は平成20年をピークに減少を始め、このままでは消費・経済力が低下し、日本の経済社会に対して大きな影響を与えます。勝山市でも人口減少が著しく、人口減少問題対策は喫緊の課題となっています。 "�l� ���y���9����� H}5� �/��,����ȯ�{���{��]U�L��W�����8`�y�|K���]7� 2:���cn7v��[z�|��V���ݕ���sfo�-�'#�:zr�/�IKXxo�O���۝����~�����v�`G�ݼ9�������O�/��TPȽm���vв���Ӯ�J~�[(�[�B`�� �ŷ�ro�����b�=��=� {�K�h��u�F��${U�����)��u�>Đ/���u]=����P��ꓝ��',k�V*��vc��4Շ�M���0��.��w�[��ȾtQ��P7J9)=Udum���gKJo�8E����־�u�.�r�������זv�yw��Ll��ӫC�v4��7�c��qxwP���u��4��? 少子高齢化による労働力不足 3. 人口数の遷移 2. t��TU������a��G�ڏSD�a�o�\\g��HՀ��IC�W��U���]�`�d�A49j\ʕ��6�C��U�eXv[J�aD>�]�^�)юQ�l���1������@���1��{?aR����M��3�>���\&���u�>�]�_�y�+(Wߊȱu�@�"Iu���,��N�s�[Ê8.�K�c�!�����L"3�0���|���7[@��I��'��r���` ) endstream endobj 196 0 obj 545 endobj 197 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 196 0 R >> stream H��Tˊ1����>�)Y�e�0��9$����ܯC` ��Kdwϲ���0��V��*����eJ0Q�3d��B4r. 地方創生とは人口急減・超高齢化という大きな課題に対し、国と地方が一体となり、これまでにない危機感を持って人口減少に取り組むため、地方で「しごと」をつくり、それが「ひと」を呼び、さらに「しごと」と「ひと」の好循環を確立させ、地域特性を生かした自立的で持続的な「まち」を創ることで … 2014年5月、日本創成会議・人口減少問題検討分科会(座長:増田寛也東京大学大学院客員教授)が「ストップ少子化・地方元気戦略」を発表、人口減少の現状と将来の姿を身近な地域のレベルまで示し、衝撃を与えた。具体的には、人口移動率が収まらないとの仮定を置くと、20 ~ 39歳女性人口が10年から40年にかけて半分以下になる自治体数は全自治体の約半数に達する見通しで、このままでは多くの地域が消滅する恐れが高く、少子化対策の視点からも地方から大都市への「人の流れ」を変える必要 … こちら。ウェブサイトは P��p����[VI�z��Y�Ԝh�?N��!���+��bc��y\�������×7 ���a�/碑��KƄ�0|`>L2! 第2期「ふくい創生・人口減少対策戦略」の策定について 第2期戦略では、「福井の将来を担う次世代を育成することこそが、超高齢化社会に備えた最重要施策である」という考え方のもと、将来世代のために今何ができるかを最優先(次世代ファースト)に検討してきました。 H�b```f``��������A���b�,;q4����íT׹ ���/]�N_��@06�̎V3��Sw���T�͐l�\���+�X��?��Z��pO������! 将来にわたって人口減少を克服し、地域の経済社会の活性化を図るため、高岡市の「地方創生」のあり方、道筋を示す第2期高岡市総合戦略「みらい・たかおか」を策定 �|]#n@�_ٯ��/0]jQ�n?�T��@fVy��5�j�� �D���s�1'�=�*X%P�^ͼ����ś��!6,�pj�E��t{눵DX57��YG��hV��;��J5�H����X V ����p<7\�R;ej��e��h�T�5�����A ��:,�oȪ� V����5���Z�z�p��0~��p�\��������W��+>��>��v�%^pw���1�;:��4ǘ���s���Ƒhs�z��V�*�VO�@�B_��r{�`�!� �w,��SP�cx��ڀ�`�MF��0"[�3����-&�xy�x���ர����MR[����9�@m��Iݤ����S�|���z0��J��� �N����\���n�,FXUJ�-Zq�4��4��Di3�^�H4Zw��d�=��J�y�[�y�^��zn�z���at(�Ƈ���'�"m8��8ݷ M�� endstream endobj 198 0 obj 547 endobj 199 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 198 0 R >> stream 人口減少は3つのプロセスを経て進行。大都市や中核市は第一段階にあるのに対して、地方 では既に第二段階、さらには第三段階に差し掛かっている地域もある。 第一段階:老年人口増加+生産年齢・年少人口減少 �ϝo]�g�䦆C�wC�5�qzl4��hW���� "�?�X�|f���������`� ���i>��_�� $�_8�������J�6]K֤��� H�tS�nA��������`�J�Z]�B�*��ې{{�����N䐜�@�6ݖ�Wй��� � ���]=0e���W�O��r�L��|��Ȥ= @C6p\g0kPKp$�o6��o���qrbٽ�o �w��مJ뻄�"_O����{9Lw��S��ʂƃf��R�Du|�=&,:��{I�E����Q����B{:��&j)8�5������!#��%������9*�Z~n^�XH{E�S7���/�BK.���l�ʤ������m���@��\4nn՜�c�v�l�_"��4qH���ؚw�aR��Ij�j��r���^��溒I�e��$��zO�4��bfɝf������eEcSK�/��LU0p�ܨp��R�P.ē��.����BA�K�ŕF���ӝj^��8ի�s$j����(_kF悻���������K.] こちら。LinkedInは H��T���@���c��1��V�#��"��v�tB�B�x���r�Ikv����� ��_O@3�����P�v�a� F:�>^BLF�ߵ�E�|D��}�����F}�y�$a`7`���X`��`��yͺ�����.ql \�h�d+�� 当然、人口密度が運輸部門の1人当たり排出量に影響する。 日本の多くの地方が温室効果ガス削減に取り組むと宣言しているが、人口減少が進む中で1人当たりの排出量は自然と増えていく。その対策は極め … 188 0 obj << /Linearized 1 /O 190 /H [ 1489 1041 ] /L 1136739 /E 229578 /N 23 /T 1132860 >> endobj xref 188 53 0000000016 00000 n 0000001411 00000 n 0000002530 00000 n 0000002748 00000 n 0000003227 00000 n 0000003268 00000 n 0000003412 00000 n 0000003434 00000 n 0000004024 00000 n 0000004046 00000 n 0000004671 00000 n 0000004693 00000 n 0000005320 00000 n 0000005342 00000 n 0000005972 00000 n 0000005994 00000 n 0000006661 00000 n 0000006683 00000 n 0000007314 00000 n 0000007336 00000 n 0000007913 00000 n 0000008186 00000 n 0000008424 00000 n 0000008692 00000 n 0000008957 00000 n 0000009224 00000 n 0000009475 00000 n 0000009709 00000 n 0000009953 00000 n 0000010209 00000 n 0000010472 00000 n 0000010748 00000 n 0000010770 00000 n 0000011408 00000 n 0000011702 00000 n 0000222694 00000 n 0000223174 00000 n 0000223374 00000 n 0000223648 00000 n 0000226326 00000 n 0000226404 00000 n 0000226704 00000 n 0000227020 00000 n 0000227339 00000 n 0000227563 00000 n 0000227795 00000 n 0000228047 00000 n 0000228307 00000 n 0000228567 00000 n 0000228822 00000 n 0000229126 00000 n 0000001489 00000 n 0000002508 00000 n trailer << /Size 241 /Info 187 0 R /Root 189 0 R /Prev 1132849 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 189 0 obj << /Type /Catalog /Pages 184 0 R /PageLabels 182 0 R >> endobj 239 0 obj << /S 907 /L 1191 /Filter /FlateDecode /Length 240 0 R >> stream 岩手県では、長年にわたり人口減少を県政の重要課題として捉え、その対策に取り 組んできており、2014年度には人口問題対策本部(本部長:岩手県知事)を設置し、 人口減少問題に関する議論を重ね、2015 年3月に「人口問題に関する報告」を取り !��qz �qZ��M���+͟u�e��u�|�~ :�C��8=v��ќ�bт]b'�ݜ�8��5r#p�;����P6/���Zw,����2���EN���nj�,K�ß!�b��#Bɑ��gl���ղꨤ�҄h�B�G�d�����3�d! g@a� ;d� 地方へのIT企業誘致 など、さまざまな取り組みが生まれています。 「人口減少問題に関する有識者会議」が、『静岡県の人口減少対策への提言(pdf:6,817kb)』を知事に提出 平成26年12月27日 国は、地方創生に向けて「長期ビジョン」と「総合戦略」を閣議決定 ��x������t�E���, ��1�!�A��� �5���K�2�2�50�0��t`�Q\ȠۀQ6letJ�L@�` A}@� endstream endobj 240 0 obj 924 endobj 190 0 obj << /Type /Page /Parent 183 0 R /Resources 191 0 R /Contents [ 195 0 R 197 0 R 199 0 R 201 0 R 203 0 R 205 0 R 207 0 R 220 0 R ] /MediaBox [ 0 0 533 746 ] /CropBox [ 0 0 533 746 ] /Rotate 0 >> endobj 191 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB ] /Font << /G1 193 0 R >> /XObject << /Im1 211 0 R /Im2 216 0 R /Im3 228 0 R /Im4 229 0 R /Im5 230 0 R /Im6 210 0 R /Im7 212 0 R /Im8 231 0 R /Im9 225 0 R /Im10 209 0 R /Im11 208 0 R /Im12 218 0 R /Im13 213 0 R /Im14 232 0 R /Im15 233 0 R /Im16 234 0 R /Im17 235 0 R /Im18 236 0 R /Im19 237 0 R /Im20 238 0 R /Im21 217 0 R /Im22 214 0 R /Im23 215 0 R >> /ExtGState << /GS2 227 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 192 0 R >> >> endobj 192 0 obj [ /ICCBased 226 0 R ] endobj 193 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Ryumin-Light-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 224 0 R ] >> endobj 194 0 obj 510 endobj 195 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 194 0 R >> stream 移住促進イベント 2. hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'faa3f5e0-623c-4d11-b150-e0ced0f870ad', {}); hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'a8f3fed3-72f9-48d0-ad6c-f535bad9c29d', {}); B2Bマーケティングを幅広く経験。外資系ソフトウェア企業の日本支社立ち上げを行い、創業期の全マーケティング活動を責任者として行う。現在フィリピンに在住、場所にとらわれない働き方を通じ、日本企業のマーケティング支援の戦略立案から実行までの支援を行なっている。Facebookは 0 ){� endstream endobj 202 0 obj 587 endobj 203 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 202 0 R >> stream 日本が直面している深刻な人口減少をストップさせ、地方を元気にしていくためには、以下の「基本方針」に基づき、総合的な戦略を推進する必要がある。 (1)人口減少の深刻な状況について国民の基本認識の共有を図る。 テレワークの導入には以下のようなメリットがあります。, 自社の働き方改革を成功させるため、ぜひ「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」をご参考ください。資料は無料です。, 「人口減少」「労働力不足」と言われても、具体的な深刻さを肌感覚で掴むのは、なかなか難しいかもしれません。, 一体、いつ、どの地域で、どれだけの人材が不足し、企業にとってどのような問題が懸念されているのでしょうか。, 日本における人口減少を企業課題として紐解くには、以下4つの指標で分析できると考えています。, 人口増減の要因のうち、転入・転出によるものは「社会増減率」、出生・ 死亡によるものは「自然増減率」で表わされます。, 人口増減率を都道府県別にみると,47都道府県のうち、人口増加が見られたのは7都県にとどまっていることがわかりました(図左)。, 人口が減少した 40 道府県においては、全て自然減少が原因となっており、反対に人口の自然増加が見られたのは沖縄県のみとなっています(図右)。, 各地域を比較してみると、人口減少によって特に大きな影響を受けているのは、地方であるということがわかります。, 自然増加率がマイナス、つまり同年における出生人数よりも死亡人数が勝ってしまっているだけでなく、一定人数が他県への移住をしていることも否めません。, 結果、東京をはじめとする都市部への一極移住、それによる若手人材の不足無居住地の増加など、さまざまな課題が生じています。, それでは、東京都の人口は安泰なのでしょうか。――実は、必ずしもそうとも言い切れません。, 全国人口の10%以上が居住しているとはいえ、自然増減率は以前マイナスであることから、地方からの移住者で人口を保っていると言っても過言ではありません。自然増減率のみで考えれば、人口はむしろ減少しているのです。, 労働意欲のある15〜64歳を労働人口と定義すると、その数は上の図(赤色部分)のように、年々縮小している傾向にあります。, 実は、総人口の減少そのものよりも、高齢者の割合増加の方が、企業にとってより深刻な脅威になるとも考えられます。, 社会の高齢化が進めば、労働力の欠如により、企業の生産性が下がります。また自ら収入を生み出せず年金などに生活を委ねる高齢者が増えると、モノやサービスの売れ行きが悪化し、経済循環が鈍化します。, そんな中でも企業は、利益を上げ続けなければなりません。そのためには、減り続ける労働人口に反して、一定の労働力を確保し続けることが不可欠なのです。, こうしたことから、近しい将来において優秀な人材確保に難航する可能性は、どの企業にとっても決して他人ごとでは済まされないでしょう。, 完全失業率とは、労働力人口(15歳以上で労働意欲のある者)のうち、完全失業者(無職かつ求職活動中の者)が占める割合を指します。, 総務省統計局による「労働力調査(2019年11月時点)」によると、2019年9月時点での完全失業率は2.4%と言われています。, 数値の増減のみ鑑みれば「雇用情勢は良好である」との判断もできますが、裏を返せば「生活のために働かざるを得ない従業員」と「人手不足に悩む企業」が増加しているとも考えられます。, ちなみに、先の「②少子高齢化による労働力不足」で取り上げた図では、2018年時点での日本の労働人口は7,575万人でした。単純計算すると、同年で約182万人が、失業状態にあるということです。わかりやすく比較するなら、三重県(約179万人)や福島県(約184万人)の人口とほぼ同じです。, 有効求人倍率とは、「企業からの求人数(有効求人数)➗求職者(有効求職者数)」で表されます。, 「1」を中間値として、これより大きくなるほど「求人数が多く、働き手が不足している」状態、反対に小さくなるほど「求職者が多く、企業にとっては選り取り見取り」な状況になります。では、直近数年間の有効求人倍率を見てみましょう。, 戦後から現在にかけての有効求人率変遷と照らし合わせてみても、1970年代の高度経済成長期以来の「求人数が多く、働き手が不足している」状態が見て取れます。, 以上4つの指標から、人口減少に伴う一層深刻な人手不足は、もはや日本のどの地域・企業・コミュニティに属していても避けられない社会問題だと認めざるを得ないでしょう。, 急速な人口減少が、企業にとっての人手不足問題に関係していることは既に説明しました。, 一方で、もし自社のPR戦略や人材確保が順調であるならば、日本の人口減少問題に直面したところで、そこまで脅威と捉える必要はないのかもしれません。, なぜなら中・長期的には、人口減少の影響は各企業の課題を超えた自治体レベルにも及んでしまうからです。, ✔️地方経済の縮小による事業倒産✔️社会の安心・安全を支える仕組みの維持が困難に✔️無居住地点の増加, 労働力人口が減少の一途をたどれば、人手不足による倒産、あるいは後継者不足による廃業のリスクが高まります。, 2019年1〜4月までの人手不足や後継者不足を原因とした倒産の累計は119件であり、過去最高の2018年を上回るペースで推移しています。好景気であっても事業の存続が難しい状況にすでになりつつあると言えます。, 2019年6月に大阪府の救命救急センターが医師の人件費を集めるためにクラウドファンディングを始めることがニュースになりました。人手不足は企業の末端労働者だけではなく、医師、看護師、自衛官など人の命を支える職種、災害時に人を救助する職種にも起きてきます。, また、若い人材が減少することで社会保障制度においての負担と受益のバランスが崩れます。高齢化により介護費用・医療費用が増大するにもかかわらず若者世代は少なくなるため、これまでの仕組みは維持することが難しくなると言えます。社会の安心、安全を支える仕組みがゆらいでしまうのです。, 国土交通省は、2050年において、人口が2010年時点の半分以下になる地点が「現在の6割以上」と予測しました。また同時に、2割の地点が「無居住化」するとも指摘しています。, 島国である日本の地方部の無居住地増加は、防衛や安全保障という観点からも大きな問題だと言えるでしょう。, 人口減少が予測できている今のうちから、自社でしっかりと人材確保対策を打っておかなければ、いつか「後悔先に立たず」状態に頭を抱えることになるでしょう。, しかし、日本全国で減少するばかりの人材を、どのようにして確保すれば良いのでしょうか。, 人口減少に伴う労働人材不足の対策として、ぜひ考えていただきたい施策の一つが、「テレワーク」の導入です。, テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指します。, 特定の場所への出社・退社や、月に20日間の物理的拘束を伴わないワークスタイルのため、下記のような潜在的労働人材の採用に大いに貢献します。, ✔️遠方に住んでいる人✔️家事や介護などの理由で外出が困難な人✔️車椅子使用などで物理的な移動が困難な人✔️面と向かってのコミュニケーションを苦手とする人, 特に地方の人口を増加させるためには、出生率を上げる取組や地方へ人材が移住する流れを作ることも大事ですが、地方でも都心と遜色ないビジネスが行える環境を整えることが重要です。, 自然豊かな環境でありながら町内全域に整備された高速ブロードバンド網、大手企業のサテライトオフィス開設や移住者の増加などで2011年に人口増となった徳島県神山町は、地方創生のモデルケースとして注目を浴びている自治体です。, しかし、神山町は当初からサテライトオフィス集積を目的としていたわけではなく、働きやすいビジネスの場を提供することと毎年芸術家を国内外から招くなど「質」を重視した地方創生の取組を行っていました。それが結果としてブランディングにつながり、移住希望者が増加します。, 高速インターネット網など都心同様のビジネス環境があることから、人のつながりを介して一社のIT企業が神山町でサテライトオフィスを開設し、それがTVで紹介されたことがきっかけでほかのIT企業もサテライトオフィスを設けるという好循環が生まれ、自治体の予想を超えた成功につながったというまさに奇跡のような経緯があります。, 2014年に日本創成会議より「消滅可能性」があると指摘された北海度厚真町は、自治体の努力により平成22年~平成27年までの社会増減率を2.85%と増加に転じさせることに成功しています。, 新千歳国際空港から35分、羽田空港から飛行機と車で2時間5分という地の利を活かし「東京圏との日帰りも可能」というキャッチーなコピーで600区画整備した分譲地を約500区画販売することに成功。周辺自治体より2割近く安価な「子育て支援住宅」も建設し子育て世代の移住を促進したことなどが人口増の要因です。, 現在は地震の影響により貸出を中止していますが、厚真町でテレワーク又はサテライトオフィスの開設、起業を検討している人を対象に、北海道らしい雰囲気の木造建造物に光回線やデスク、プリンターなどが整備されたオフィス部分と住居部分が一体となった「厚真町お試しサテライトオフィス専用施設」も設置しています。, 岩手県の内陸部に位置する遠野市は、閉校になった旧中学校を改修して平成26年に「遠野みらい創りカレッジ」を開校。平成28年時点でカレッジ利用者数が5049名、平成22年から28年の起業件数は103件に増加。移住者も増え、平成22年から平成27年人口の社会増減率がプラスに転じています。, 平成29年にはテレワークセンターも施設内に開設し、テレビ会議システムやWi-Fiを完備。地方での仕事や2拠点で仕事をしたい人などを支援する環境を整備しています。, 会津若松市は2019年4月に、データ解析産業の集積を目的としたICTオフィスビル「AiCT」を完成。誘致する企業には市が収集したデータと実証する場を提供するため企業側にとっては実社会で実証実験を行えるメリットがあり、ビルの完成時点で大手外資系、国内大手企業17社の入居が決まっています。, データ産業を集積することで、農業、観光、医療・福祉などの地域のさまざまな課題を、ICTで解決し、地域にイノベ-ションを起こすことも期待されています。地方においても都会同様の事業環境を整備することで、成長産業分野の企業誘致に成功しています。, リクルートグループの特例子会社であるリクルートオフィスサポートは、2016年より地方在住の障がい者の「在宅雇用」をスタートさせました。それから3年間で、在宅で業務にあたる従業員は68人に拡大しています(2019年5月31日時点)。, 特徴的な取り組みとしては、朝会と夕会でビデオ通話によるコミュニケーションをとっている他、在宅のメンバーには朝会終了後に、「とても良い」「良い」「普通」「悪い」「とても悪い」の五段階に分けたその日の体調をポータルサイトに記載してもらうようにしています。, その理由や状態も備考欄に記載できるようになっており、業務担当は必ずチームメンバーの状態を確認し、必要であれば業務量を調整するようにしています。, 「障がい者のテレワーク雇用を促進するリクルートオフィスサポート。従業員のベストパフォーマンスを引き出すマネジメント術とは?」に記事にて詳細を記載しています。合わせてご覧ください。, 平成26年に国が掲げた「2060年に1億人程度の人口を維持」という中長期展望のもと、国と地方自治体も連携してさまざまな政策目標・施策を策定し実行しています。最後に、国・地方自治体の支援策や取組事例を紹介します。, 地方でのUIJターンによる起業・就業を創出することを応援した、地方創生推進交付金を活用した取り組みもあります。東京一極集中の是正及び地方の担い手不足対策が主な目的です。, UIJターンとは、下記3つの人口還流現象のことで、特に地方における人材確保の鍵となっています。, 本取り組みは2019年からスタートしており、すでに北海道・青森県・島根県などの多くの都道府県が事業を推進しています。, 青森県ではマッチングサイト「あおもりジョブ」の求人に応募し、平成31年4月以降に東京圏から青森県へ移住した人に移住先の市町村から移住支援金を支給しています。, 対象者:直近で連続して5年以上東京23区に在住していた方、東京圏(一部の条件不利地域を除いた埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に5年以上在住しかつ東京23区に通勤していた方。, 人材支援策は、「従業員を採用したい」という基本的な人材確保の支援から、「採用改善対策を行う際の支援を受けたい」「従業員の待遇改善に関する支援を受けたい」といった取り組み中盤におけるサポートも対象となります。, 地方創生事業展開に必要なデータ分析、戦略の検討、事業化や資金調達の各種手法、観光・DMO、住民自治や交流などが学べるオンライン講座の提供。, 地方自治体の地方創生についての相談窓口を設置。それぞれの都道府県に勤務した経験がある職員やその都道府県出身の職員が対応。, 市町村長の補佐役として国家公務員や大学の研究者や民間のシンクタンクの人材などを派遣し、地方創生推進を支援。, 国や民間が持つ地域経済に関わるさまざまな情報を収集したビッグデータを可視化した地域経済分析システム「RESAS」とデータのAPIを、地方自治体に提供しています。, 出生率が低下傾向にあるだけでなく、人の移動や働き方の多様化といった要素も無視できません。, 母数が減り続ける労働力を継続的に確保するためには、企業側も、20日間フルタイムで従業員をオフィスに縛り付けるような従来の働き方を見直さないわけにはいかなくなるでしょう。, 求職者が、在宅勤務や自宅に近いサテライトオフィス勤務からのテレワークなど、フレキシビリティのある企業を選んでいくに違いないからです。, また、こうした自社の働き方改革を推進するにあたり、政府からのサポートも利用できます。, 働き手の数が減少の一途をたどることが予想される将来は、まさに「猫の手も借りたい」状態。, 労働意欲やスキルを持っていながらも、何らかの事情により長時間自宅から離れられない人・首都圏外に拠点をおいている人などを、上手く活用していきましょう。, ワークライフバランスの充実化や健康経営の促進、従業員にやりがいを持って仕事をしてもらうための社内環境の整備など、一人でも多くの人材を確保するためにできることは数多くあります。, しかしその一方で「やらなければいけないこと分かるけど何からはじめれば良いのだろう......」そうお困りの企業担当者さまもいらっしゃることでしょう。, そこで導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。, 優秀な人材を一人でも多く確保するためにも、ぜひテレワークを検討してみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。. 扇風機おすすめ 2020 コスパ, にじさんじ Bora Apex, はじめしゃちょー 大学 偏差値, クッションフロア 賃貸 デメリット, コカコーラ Cm 80年代 モデル, Amazon Music ダウンロードできない, " /> > stream 有効求人倍率 まずは、それぞれの具体的な数字と共に、人口減少の実態を多角的に掴んでみましょう。 (��^��&rطn�'�k�B�������y@QG1��D��yԢ5}��)�ʵ��Y�q>k�3��+����3F���׾RP�]_f�����=�w�}��V���������z���451u��ҵ��mn�].ޤ��MB��h�jYb+�Mo������#�zSgx����Rg����s��X8^mo0�N!��yɭ�kt�99���d1�f����K� �� endstream endobj 206 0 obj 497 endobj 207 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 206 0 R >> stream からも人口減少に関する多 立した「少子化社会対策基 ), 年に滋賀県におい ),などがあげられる。こ ける人口減少からもたらさ ての地域における人口減少 *この論文 課題番号 謝の意を表 についてはま このように 本全国の各地 勝山市地方創生総合戦略について 日本の総人口は平成20年をピークに減少を始め、このままでは消費・経済力が低下し、日本の経済社会に対して大きな影響を与えます。勝山市でも人口減少が著しく、人口減少問題対策は喫緊の課題となっています。 "�l� ���y���9����� H}5� �/��,����ȯ�{���{��]U�L��W�����8`�y�|K���]7� 2:���cn7v��[z�|��V���ݕ���sfo�-�'#�:zr�/�IKXxo�O���۝����~�����v�`G�ݼ9�������O�/��TPȽm���vв���Ӯ�J~�[(�[�B`�� �ŷ�ro�����b�=��=� {�K�h��u�F��${U�����)��u�>Đ/���u]=����P��ꓝ��',k�V*��vc��4Շ�M���0��.��w�[��ȾtQ��P7J9)=Udum���gKJo�8E����־�u�.�r�������זv�yw��Ll��ӫC�v4��7�c��qxwP���u��4��? 少子高齢化による労働力不足 3. 人口数の遷移 2. t��TU������a��G�ڏSD�a�o�\\g��HՀ��IC�W��U���]�`�d�A49j\ʕ��6�C��U�eXv[J�aD>�]�^�)юQ�l���1������@���1��{?aR����M��3�>���\&���u�>�]�_�y�+(Wߊȱu�@�"Iu���,��N�s�[Ê8.�K�c�!�����L"3�0���|���7[@��I��'��r���` ) endstream endobj 196 0 obj 545 endobj 197 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 196 0 R >> stream H��Tˊ1����>�)Y�e�0��9$����ܯC` ��Kdwϲ���0��V��*����eJ0Q�3d��B4r. 地方創生とは人口急減・超高齢化という大きな課題に対し、国と地方が一体となり、これまでにない危機感を持って人口減少に取り組むため、地方で「しごと」をつくり、それが「ひと」を呼び、さらに「しごと」と「ひと」の好循環を確立させ、地域特性を生かした自立的で持続的な「まち」を創ることで … 2014年5月、日本創成会議・人口減少問題検討分科会(座長:増田寛也東京大学大学院客員教授)が「ストップ少子化・地方元気戦略」を発表、人口減少の現状と将来の姿を身近な地域のレベルまで示し、衝撃を与えた。具体的には、人口移動率が収まらないとの仮定を置くと、20 ~ 39歳女性人口が10年から40年にかけて半分以下になる自治体数は全自治体の約半数に達する見通しで、このままでは多くの地域が消滅する恐れが高く、少子化対策の視点からも地方から大都市への「人の流れ」を変える必要 … こちら。ウェブサイトは P��p����[VI�z��Y�Ԝh�?N��!���+��bc��y\�������×7 ���a�/碑��KƄ�0|`>L2! 第2期「ふくい創生・人口減少対策戦略」の策定について 第2期戦略では、「福井の将来を担う次世代を育成することこそが、超高齢化社会に備えた最重要施策である」という考え方のもと、将来世代のために今何ができるかを最優先(次世代ファースト)に検討してきました。 H�b```f``��������A���b�,;q4����íT׹ ���/]�N_��@06�̎V3��Sw���T�͐l�\���+�X��?��Z��pO������! 将来にわたって人口減少を克服し、地域の経済社会の活性化を図るため、高岡市の「地方創生」のあり方、道筋を示す第2期高岡市総合戦略「みらい・たかおか」を策定 �|]#n@�_ٯ��/0]jQ�n?�T��@fVy��5�j�� �D���s�1'�=�*X%P�^ͼ����ś��!6,�pj�E��t{눵DX57��YG��hV��;��J5�H����X V ����p<7\�R;ej��e��h�T�5�����A ��:,�oȪ� V����5���Z�z�p��0~��p�\��������W��+>��>��v�%^pw���1�;:��4ǘ���s���Ƒhs�z��V�*�VO�@�B_��r{�`�!� �w,��SP�cx��ڀ�`�MF��0"[�3����-&�xy�x���ர����MR[����9�@m��Iݤ����S�|���z0��J��� �N����\���n�,FXUJ�-Zq�4��4��Di3�^�H4Zw��d�=��J�y�[�y�^��zn�z���at(�Ƈ���'�"m8��8ݷ M�� endstream endobj 198 0 obj 547 endobj 199 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 198 0 R >> stream 人口減少は3つのプロセスを経て進行。大都市や中核市は第一段階にあるのに対して、地方 では既に第二段階、さらには第三段階に差し掛かっている地域もある。 第一段階:老年人口増加+生産年齢・年少人口減少 �ϝo]�g�䦆C�wC�5�qzl4��hW���� "�?�X�|f���������`� ���i>��_�� $�_8�������J�6]K֤��� H�tS�nA��������`�J�Z]�B�*��ې{{�����N䐜�@�6ݖ�Wй��� � ���]=0e���W�O��r�L��|��Ȥ= @C6p\g0kPKp$�o6��o���qrbٽ�o �w��مJ뻄�"_O����{9Lw��S��ʂƃf��R�Du|�=&,:��{I�E����Q����B{:��&j)8�5������!#��%������9*�Z~n^�XH{E�S7���/�BK.���l�ʤ������m���@��\4nn՜�c�v�l�_"��4qH���ؚw�aR��Ij�j��r���^��溒I�e��$��zO�4��bfɝf������eEcSK�/��LU0p�ܨp��R�P.ē��.����BA�K�ŕF���ӝj^��8ի�s$j����(_kF悻���������K.] こちら。LinkedInは H��T���@���c��1��V�#��"��v�tB�B�x���r�Ikv����� ��_O@3�����P�v�a� F:�>^BLF�ߵ�E�|D��}�����F}�y�$a`7`���X`��`��yͺ�����.ql \�h�d+�� 当然、人口密度が運輸部門の1人当たり排出量に影響する。 日本の多くの地方が温室効果ガス削減に取り組むと宣言しているが、人口減少が進む中で1人当たりの排出量は自然と増えていく。その対策は極め … 188 0 obj << /Linearized 1 /O 190 /H [ 1489 1041 ] /L 1136739 /E 229578 /N 23 /T 1132860 >> endobj xref 188 53 0000000016 00000 n 0000001411 00000 n 0000002530 00000 n 0000002748 00000 n 0000003227 00000 n 0000003268 00000 n 0000003412 00000 n 0000003434 00000 n 0000004024 00000 n 0000004046 00000 n 0000004671 00000 n 0000004693 00000 n 0000005320 00000 n 0000005342 00000 n 0000005972 00000 n 0000005994 00000 n 0000006661 00000 n 0000006683 00000 n 0000007314 00000 n 0000007336 00000 n 0000007913 00000 n 0000008186 00000 n 0000008424 00000 n 0000008692 00000 n 0000008957 00000 n 0000009224 00000 n 0000009475 00000 n 0000009709 00000 n 0000009953 00000 n 0000010209 00000 n 0000010472 00000 n 0000010748 00000 n 0000010770 00000 n 0000011408 00000 n 0000011702 00000 n 0000222694 00000 n 0000223174 00000 n 0000223374 00000 n 0000223648 00000 n 0000226326 00000 n 0000226404 00000 n 0000226704 00000 n 0000227020 00000 n 0000227339 00000 n 0000227563 00000 n 0000227795 00000 n 0000228047 00000 n 0000228307 00000 n 0000228567 00000 n 0000228822 00000 n 0000229126 00000 n 0000001489 00000 n 0000002508 00000 n trailer << /Size 241 /Info 187 0 R /Root 189 0 R /Prev 1132849 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 189 0 obj << /Type /Catalog /Pages 184 0 R /PageLabels 182 0 R >> endobj 239 0 obj << /S 907 /L 1191 /Filter /FlateDecode /Length 240 0 R >> stream 岩手県では、長年にわたり人口減少を県政の重要課題として捉え、その対策に取り 組んできており、2014年度には人口問題対策本部(本部長:岩手県知事)を設置し、 人口減少問題に関する議論を重ね、2015 年3月に「人口問題に関する報告」を取り !��qz �qZ��M���+͟u�e��u�|�~ :�C��8=v��ќ�bт]b'�ݜ�8��5r#p�;����P6/���Zw,����2���EN���nj�,K�ß!�b��#Bɑ��gl���ղꨤ�҄h�B�G�d�����3�d! g@a� ;d� 地方へのIT企業誘致 など、さまざまな取り組みが生まれています。 「人口減少問題に関する有識者会議」が、『静岡県の人口減少対策への提言(pdf:6,817kb)』を知事に提出 平成26年12月27日 国は、地方創生に向けて「長期ビジョン」と「総合戦略」を閣議決定 ��x������t�E���, ��1�!�A��� �5���K�2�2�50�0��t`�Q\ȠۀQ6letJ�L@�` A}@� endstream endobj 240 0 obj 924 endobj 190 0 obj << /Type /Page /Parent 183 0 R /Resources 191 0 R /Contents [ 195 0 R 197 0 R 199 0 R 201 0 R 203 0 R 205 0 R 207 0 R 220 0 R ] /MediaBox [ 0 0 533 746 ] /CropBox [ 0 0 533 746 ] /Rotate 0 >> endobj 191 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB ] /Font << /G1 193 0 R >> /XObject << /Im1 211 0 R /Im2 216 0 R /Im3 228 0 R /Im4 229 0 R /Im5 230 0 R /Im6 210 0 R /Im7 212 0 R /Im8 231 0 R /Im9 225 0 R /Im10 209 0 R /Im11 208 0 R /Im12 218 0 R /Im13 213 0 R /Im14 232 0 R /Im15 233 0 R /Im16 234 0 R /Im17 235 0 R /Im18 236 0 R /Im19 237 0 R /Im20 238 0 R /Im21 217 0 R /Im22 214 0 R /Im23 215 0 R >> /ExtGState << /GS2 227 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 192 0 R >> >> endobj 192 0 obj [ /ICCBased 226 0 R ] endobj 193 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Ryumin-Light-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 224 0 R ] >> endobj 194 0 obj 510 endobj 195 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 194 0 R >> stream 移住促進イベント 2. hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'faa3f5e0-623c-4d11-b150-e0ced0f870ad', {}); hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'a8f3fed3-72f9-48d0-ad6c-f535bad9c29d', {}); B2Bマーケティングを幅広く経験。外資系ソフトウェア企業の日本支社立ち上げを行い、創業期の全マーケティング活動を責任者として行う。現在フィリピンに在住、場所にとらわれない働き方を通じ、日本企業のマーケティング支援の戦略立案から実行までの支援を行なっている。Facebookは 0 ){� endstream endobj 202 0 obj 587 endobj 203 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 202 0 R >> stream 日本が直面している深刻な人口減少をストップさせ、地方を元気にしていくためには、以下の「基本方針」に基づき、総合的な戦略を推進する必要がある。 (1)人口減少の深刻な状況について国民の基本認識の共有を図る。 テレワークの導入には以下のようなメリットがあります。, 自社の働き方改革を成功させるため、ぜひ「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」をご参考ください。資料は無料です。, 「人口減少」「労働力不足」と言われても、具体的な深刻さを肌感覚で掴むのは、なかなか難しいかもしれません。, 一体、いつ、どの地域で、どれだけの人材が不足し、企業にとってどのような問題が懸念されているのでしょうか。, 日本における人口減少を企業課題として紐解くには、以下4つの指標で分析できると考えています。, 人口増減の要因のうち、転入・転出によるものは「社会増減率」、出生・ 死亡によるものは「自然増減率」で表わされます。, 人口増減率を都道府県別にみると,47都道府県のうち、人口増加が見られたのは7都県にとどまっていることがわかりました(図左)。, 人口が減少した 40 道府県においては、全て自然減少が原因となっており、反対に人口の自然増加が見られたのは沖縄県のみとなっています(図右)。, 各地域を比較してみると、人口減少によって特に大きな影響を受けているのは、地方であるということがわかります。, 自然増加率がマイナス、つまり同年における出生人数よりも死亡人数が勝ってしまっているだけでなく、一定人数が他県への移住をしていることも否めません。, 結果、東京をはじめとする都市部への一極移住、それによる若手人材の不足無居住地の増加など、さまざまな課題が生じています。, それでは、東京都の人口は安泰なのでしょうか。――実は、必ずしもそうとも言い切れません。, 全国人口の10%以上が居住しているとはいえ、自然増減率は以前マイナスであることから、地方からの移住者で人口を保っていると言っても過言ではありません。自然増減率のみで考えれば、人口はむしろ減少しているのです。, 労働意欲のある15〜64歳を労働人口と定義すると、その数は上の図(赤色部分)のように、年々縮小している傾向にあります。, 実は、総人口の減少そのものよりも、高齢者の割合増加の方が、企業にとってより深刻な脅威になるとも考えられます。, 社会の高齢化が進めば、労働力の欠如により、企業の生産性が下がります。また自ら収入を生み出せず年金などに生活を委ねる高齢者が増えると、モノやサービスの売れ行きが悪化し、経済循環が鈍化します。, そんな中でも企業は、利益を上げ続けなければなりません。そのためには、減り続ける労働人口に反して、一定の労働力を確保し続けることが不可欠なのです。, こうしたことから、近しい将来において優秀な人材確保に難航する可能性は、どの企業にとっても決して他人ごとでは済まされないでしょう。, 完全失業率とは、労働力人口(15歳以上で労働意欲のある者)のうち、完全失業者(無職かつ求職活動中の者)が占める割合を指します。, 総務省統計局による「労働力調査(2019年11月時点)」によると、2019年9月時点での完全失業率は2.4%と言われています。, 数値の増減のみ鑑みれば「雇用情勢は良好である」との判断もできますが、裏を返せば「生活のために働かざるを得ない従業員」と「人手不足に悩む企業」が増加しているとも考えられます。, ちなみに、先の「②少子高齢化による労働力不足」で取り上げた図では、2018年時点での日本の労働人口は7,575万人でした。単純計算すると、同年で約182万人が、失業状態にあるということです。わかりやすく比較するなら、三重県(約179万人)や福島県(約184万人)の人口とほぼ同じです。, 有効求人倍率とは、「企業からの求人数(有効求人数)➗求職者(有効求職者数)」で表されます。, 「1」を中間値として、これより大きくなるほど「求人数が多く、働き手が不足している」状態、反対に小さくなるほど「求職者が多く、企業にとっては選り取り見取り」な状況になります。では、直近数年間の有効求人倍率を見てみましょう。, 戦後から現在にかけての有効求人率変遷と照らし合わせてみても、1970年代の高度経済成長期以来の「求人数が多く、働き手が不足している」状態が見て取れます。, 以上4つの指標から、人口減少に伴う一層深刻な人手不足は、もはや日本のどの地域・企業・コミュニティに属していても避けられない社会問題だと認めざるを得ないでしょう。, 急速な人口減少が、企業にとっての人手不足問題に関係していることは既に説明しました。, 一方で、もし自社のPR戦略や人材確保が順調であるならば、日本の人口減少問題に直面したところで、そこまで脅威と捉える必要はないのかもしれません。, なぜなら中・長期的には、人口減少の影響は各企業の課題を超えた自治体レベルにも及んでしまうからです。, ✔️地方経済の縮小による事業倒産✔️社会の安心・安全を支える仕組みの維持が困難に✔️無居住地点の増加, 労働力人口が減少の一途をたどれば、人手不足による倒産、あるいは後継者不足による廃業のリスクが高まります。, 2019年1〜4月までの人手不足や後継者不足を原因とした倒産の累計は119件であり、過去最高の2018年を上回るペースで推移しています。好景気であっても事業の存続が難しい状況にすでになりつつあると言えます。, 2019年6月に大阪府の救命救急センターが医師の人件費を集めるためにクラウドファンディングを始めることがニュースになりました。人手不足は企業の末端労働者だけではなく、医師、看護師、自衛官など人の命を支える職種、災害時に人を救助する職種にも起きてきます。, また、若い人材が減少することで社会保障制度においての負担と受益のバランスが崩れます。高齢化により介護費用・医療費用が増大するにもかかわらず若者世代は少なくなるため、これまでの仕組みは維持することが難しくなると言えます。社会の安心、安全を支える仕組みがゆらいでしまうのです。, 国土交通省は、2050年において、人口が2010年時点の半分以下になる地点が「現在の6割以上」と予測しました。また同時に、2割の地点が「無居住化」するとも指摘しています。, 島国である日本の地方部の無居住地増加は、防衛や安全保障という観点からも大きな問題だと言えるでしょう。, 人口減少が予測できている今のうちから、自社でしっかりと人材確保対策を打っておかなければ、いつか「後悔先に立たず」状態に頭を抱えることになるでしょう。, しかし、日本全国で減少するばかりの人材を、どのようにして確保すれば良いのでしょうか。, 人口減少に伴う労働人材不足の対策として、ぜひ考えていただきたい施策の一つが、「テレワーク」の導入です。, テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指します。, 特定の場所への出社・退社や、月に20日間の物理的拘束を伴わないワークスタイルのため、下記のような潜在的労働人材の採用に大いに貢献します。, ✔️遠方に住んでいる人✔️家事や介護などの理由で外出が困難な人✔️車椅子使用などで物理的な移動が困難な人✔️面と向かってのコミュニケーションを苦手とする人, 特に地方の人口を増加させるためには、出生率を上げる取組や地方へ人材が移住する流れを作ることも大事ですが、地方でも都心と遜色ないビジネスが行える環境を整えることが重要です。, 自然豊かな環境でありながら町内全域に整備された高速ブロードバンド網、大手企業のサテライトオフィス開設や移住者の増加などで2011年に人口増となった徳島県神山町は、地方創生のモデルケースとして注目を浴びている自治体です。, しかし、神山町は当初からサテライトオフィス集積を目的としていたわけではなく、働きやすいビジネスの場を提供することと毎年芸術家を国内外から招くなど「質」を重視した地方創生の取組を行っていました。それが結果としてブランディングにつながり、移住希望者が増加します。, 高速インターネット網など都心同様のビジネス環境があることから、人のつながりを介して一社のIT企業が神山町でサテライトオフィスを開設し、それがTVで紹介されたことがきっかけでほかのIT企業もサテライトオフィスを設けるという好循環が生まれ、自治体の予想を超えた成功につながったというまさに奇跡のような経緯があります。, 2014年に日本創成会議より「消滅可能性」があると指摘された北海度厚真町は、自治体の努力により平成22年~平成27年までの社会増減率を2.85%と増加に転じさせることに成功しています。, 新千歳国際空港から35分、羽田空港から飛行機と車で2時間5分という地の利を活かし「東京圏との日帰りも可能」というキャッチーなコピーで600区画整備した分譲地を約500区画販売することに成功。周辺自治体より2割近く安価な「子育て支援住宅」も建設し子育て世代の移住を促進したことなどが人口増の要因です。, 現在は地震の影響により貸出を中止していますが、厚真町でテレワーク又はサテライトオフィスの開設、起業を検討している人を対象に、北海道らしい雰囲気の木造建造物に光回線やデスク、プリンターなどが整備されたオフィス部分と住居部分が一体となった「厚真町お試しサテライトオフィス専用施設」も設置しています。, 岩手県の内陸部に位置する遠野市は、閉校になった旧中学校を改修して平成26年に「遠野みらい創りカレッジ」を開校。平成28年時点でカレッジ利用者数が5049名、平成22年から28年の起業件数は103件に増加。移住者も増え、平成22年から平成27年人口の社会増減率がプラスに転じています。, 平成29年にはテレワークセンターも施設内に開設し、テレビ会議システムやWi-Fiを完備。地方での仕事や2拠点で仕事をしたい人などを支援する環境を整備しています。, 会津若松市は2019年4月に、データ解析産業の集積を目的としたICTオフィスビル「AiCT」を完成。誘致する企業には市が収集したデータと実証する場を提供するため企業側にとっては実社会で実証実験を行えるメリットがあり、ビルの完成時点で大手外資系、国内大手企業17社の入居が決まっています。, データ産業を集積することで、農業、観光、医療・福祉などの地域のさまざまな課題を、ICTで解決し、地域にイノベ-ションを起こすことも期待されています。地方においても都会同様の事業環境を整備することで、成長産業分野の企業誘致に成功しています。, リクルートグループの特例子会社であるリクルートオフィスサポートは、2016年より地方在住の障がい者の「在宅雇用」をスタートさせました。それから3年間で、在宅で業務にあたる従業員は68人に拡大しています(2019年5月31日時点)。, 特徴的な取り組みとしては、朝会と夕会でビデオ通話によるコミュニケーションをとっている他、在宅のメンバーには朝会終了後に、「とても良い」「良い」「普通」「悪い」「とても悪い」の五段階に分けたその日の体調をポータルサイトに記載してもらうようにしています。, その理由や状態も備考欄に記載できるようになっており、業務担当は必ずチームメンバーの状態を確認し、必要であれば業務量を調整するようにしています。, 「障がい者のテレワーク雇用を促進するリクルートオフィスサポート。従業員のベストパフォーマンスを引き出すマネジメント術とは?」に記事にて詳細を記載しています。合わせてご覧ください。, 平成26年に国が掲げた「2060年に1億人程度の人口を維持」という中長期展望のもと、国と地方自治体も連携してさまざまな政策目標・施策を策定し実行しています。最後に、国・地方自治体の支援策や取組事例を紹介します。, 地方でのUIJターンによる起業・就業を創出することを応援した、地方創生推進交付金を活用した取り組みもあります。東京一極集中の是正及び地方の担い手不足対策が主な目的です。, UIJターンとは、下記3つの人口還流現象のことで、特に地方における人材確保の鍵となっています。, 本取り組みは2019年からスタートしており、すでに北海道・青森県・島根県などの多くの都道府県が事業を推進しています。, 青森県ではマッチングサイト「あおもりジョブ」の求人に応募し、平成31年4月以降に東京圏から青森県へ移住した人に移住先の市町村から移住支援金を支給しています。, 対象者:直近で連続して5年以上東京23区に在住していた方、東京圏(一部の条件不利地域を除いた埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に5年以上在住しかつ東京23区に通勤していた方。, 人材支援策は、「従業員を採用したい」という基本的な人材確保の支援から、「採用改善対策を行う際の支援を受けたい」「従業員の待遇改善に関する支援を受けたい」といった取り組み中盤におけるサポートも対象となります。, 地方創生事業展開に必要なデータ分析、戦略の検討、事業化や資金調達の各種手法、観光・DMO、住民自治や交流などが学べるオンライン講座の提供。, 地方自治体の地方創生についての相談窓口を設置。それぞれの都道府県に勤務した経験がある職員やその都道府県出身の職員が対応。, 市町村長の補佐役として国家公務員や大学の研究者や民間のシンクタンクの人材などを派遣し、地方創生推進を支援。, 国や民間が持つ地域経済に関わるさまざまな情報を収集したビッグデータを可視化した地域経済分析システム「RESAS」とデータのAPIを、地方自治体に提供しています。, 出生率が低下傾向にあるだけでなく、人の移動や働き方の多様化といった要素も無視できません。, 母数が減り続ける労働力を継続的に確保するためには、企業側も、20日間フルタイムで従業員をオフィスに縛り付けるような従来の働き方を見直さないわけにはいかなくなるでしょう。, 求職者が、在宅勤務や自宅に近いサテライトオフィス勤務からのテレワークなど、フレキシビリティのある企業を選んでいくに違いないからです。, また、こうした自社の働き方改革を推進するにあたり、政府からのサポートも利用できます。, 働き手の数が減少の一途をたどることが予想される将来は、まさに「猫の手も借りたい」状態。, 労働意欲やスキルを持っていながらも、何らかの事情により長時間自宅から離れられない人・首都圏外に拠点をおいている人などを、上手く活用していきましょう。, ワークライフバランスの充実化や健康経営の促進、従業員にやりがいを持って仕事をしてもらうための社内環境の整備など、一人でも多くの人材を確保するためにできることは数多くあります。, しかしその一方で「やらなければいけないこと分かるけど何からはじめれば良いのだろう......」そうお困りの企業担当者さまもいらっしゃることでしょう。, そこで導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。, 優秀な人材を一人でも多く確保するためにも、ぜひテレワークを検討してみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。. 扇風機おすすめ 2020 コスパ, にじさんじ Bora Apex, はじめしゃちょー 大学 偏差値, クッションフロア 賃貸 デメリット, コカコーラ Cm 80年代 モデル, Amazon Music ダウンロードできない, " /> > stream 有効求人倍率 まずは、それぞれの具体的な数字と共に、人口減少の実態を多角的に掴んでみましょう。 (��^��&rطn�'�k�B�������y@QG1��D��yԢ5}��)�ʵ��Y�q>k�3��+����3F���׾RP�]_f�����=�w�}��V���������z���451u��ҵ��mn�].ޤ��MB��h�jYb+�Mo������#�zSgx����Rg����s��X8^mo0�N!��yɭ�kt�99���d1�f����K� �� endstream endobj 206 0 obj 497 endobj 207 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 206 0 R >> stream からも人口減少に関する多 立した「少子化社会対策基 ), 年に滋賀県におい ),などがあげられる。こ ける人口減少からもたらさ ての地域における人口減少 *この論文 課題番号 謝の意を表 についてはま このように 本全国の各地 勝山市地方創生総合戦略について 日本の総人口は平成20年をピークに減少を始め、このままでは消費・経済力が低下し、日本の経済社会に対して大きな影響を与えます。勝山市でも人口減少が著しく、人口減少問題対策は喫緊の課題となっています。 "�l� ���y���9����� H}5� �/��,����ȯ�{���{��]U�L��W�����8`�y�|K���]7� 2:���cn7v��[z�|��V���ݕ���sfo�-�'#�:zr�/�IKXxo�O���۝����~�����v�`G�ݼ9�������O�/��TPȽm���vв���Ӯ�J~�[(�[�B`�� �ŷ�ro�����b�=��=� {�K�h��u�F��${U�����)��u�>Đ/���u]=����P��ꓝ��',k�V*��vc��4Շ�M���0��.��w�[��ȾtQ��P7J9)=Udum���gKJo�8E����־�u�.�r�������זv�yw��Ll��ӫC�v4��7�c��qxwP���u��4��? 少子高齢化による労働力不足 3. 人口数の遷移 2. t��TU������a��G�ڏSD�a�o�\\g��HՀ��IC�W��U���]�`�d�A49j\ʕ��6�C��U�eXv[J�aD>�]�^�)юQ�l���1������@���1��{?aR����M��3�>���\&���u�>�]�_�y�+(Wߊȱu�@�"Iu���,��N�s�[Ê8.�K�c�!�����L"3�0���|���7[@��I��'��r���` ) endstream endobj 196 0 obj 545 endobj 197 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 196 0 R >> stream H��Tˊ1����>�)Y�e�0��9$����ܯC` ��Kdwϲ���0��V��*����eJ0Q�3d��B4r. 地方創生とは人口急減・超高齢化という大きな課題に対し、国と地方が一体となり、これまでにない危機感を持って人口減少に取り組むため、地方で「しごと」をつくり、それが「ひと」を呼び、さらに「しごと」と「ひと」の好循環を確立させ、地域特性を生かした自立的で持続的な「まち」を創ることで … 2014年5月、日本創成会議・人口減少問題検討分科会(座長:増田寛也東京大学大学院客員教授)が「ストップ少子化・地方元気戦略」を発表、人口減少の現状と将来の姿を身近な地域のレベルまで示し、衝撃を与えた。具体的には、人口移動率が収まらないとの仮定を置くと、20 ~ 39歳女性人口が10年から40年にかけて半分以下になる自治体数は全自治体の約半数に達する見通しで、このままでは多くの地域が消滅する恐れが高く、少子化対策の視点からも地方から大都市への「人の流れ」を変える必要 … こちら。ウェブサイトは P��p����[VI�z��Y�Ԝh�?N��!���+��bc��y\�������×7 ���a�/碑��KƄ�0|`>L2! 第2期「ふくい創生・人口減少対策戦略」の策定について 第2期戦略では、「福井の将来を担う次世代を育成することこそが、超高齢化社会に備えた最重要施策である」という考え方のもと、将来世代のために今何ができるかを最優先(次世代ファースト)に検討してきました。 H�b```f``��������A���b�,;q4����íT׹ ���/]�N_��@06�̎V3��Sw���T�͐l�\���+�X��?��Z��pO������! 将来にわたって人口減少を克服し、地域の経済社会の活性化を図るため、高岡市の「地方創生」のあり方、道筋を示す第2期高岡市総合戦略「みらい・たかおか」を策定 �|]#n@�_ٯ��/0]jQ�n?�T��@fVy��5�j�� �D���s�1'�=�*X%P�^ͼ����ś��!6,�pj�E��t{눵DX57��YG��hV��;��J5�H����X V ����p<7\�R;ej��e��h�T�5�����A ��:,�oȪ� V����5���Z�z�p��0~��p�\��������W��+>��>��v�%^pw���1�;:��4ǘ���s���Ƒhs�z��V�*�VO�@�B_��r{�`�!� �w,��SP�cx��ڀ�`�MF��0"[�3����-&�xy�x���ர����MR[����9�@m��Iݤ����S�|���z0��J��� �N����\���n�,FXUJ�-Zq�4��4��Di3�^�H4Zw��d�=��J�y�[�y�^��zn�z���at(�Ƈ���'�"m8��8ݷ M�� endstream endobj 198 0 obj 547 endobj 199 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 198 0 R >> stream 人口減少は3つのプロセスを経て進行。大都市や中核市は第一段階にあるのに対して、地方 では既に第二段階、さらには第三段階に差し掛かっている地域もある。 第一段階:老年人口増加+生産年齢・年少人口減少 �ϝo]�g�䦆C�wC�5�qzl4��hW���� "�?�X�|f���������`� ���i>��_�� $�_8�������J�6]K֤��� H�tS�nA��������`�J�Z]�B�*��ې{{�����N䐜�@�6ݖ�Wй��� � ���]=0e���W�O��r�L��|��Ȥ= @C6p\g0kPKp$�o6��o���qrbٽ�o �w��مJ뻄�"_O����{9Lw��S��ʂƃf��R�Du|�=&,:��{I�E����Q����B{:��&j)8�5������!#��%������9*�Z~n^�XH{E�S7���/�BK.���l�ʤ������m���@��\4nn՜�c�v�l�_"��4qH���ؚw�aR��Ij�j��r���^��溒I�e��$��zO�4��bfɝf������eEcSK�/��LU0p�ܨp��R�P.ē��.����BA�K�ŕF���ӝj^��8ի�s$j����(_kF悻���������K.] こちら。LinkedInは H��T���@���c��1��V�#��"��v�tB�B�x���r�Ikv����� ��_O@3�����P�v�a� F:�>^BLF�ߵ�E�|D��}�����F}�y�$a`7`���X`��`��yͺ�����.ql \�h�d+�� 当然、人口密度が運輸部門の1人当たり排出量に影響する。 日本の多くの地方が温室効果ガス削減に取り組むと宣言しているが、人口減少が進む中で1人当たりの排出量は自然と増えていく。その対策は極め … 188 0 obj << /Linearized 1 /O 190 /H [ 1489 1041 ] /L 1136739 /E 229578 /N 23 /T 1132860 >> endobj xref 188 53 0000000016 00000 n 0000001411 00000 n 0000002530 00000 n 0000002748 00000 n 0000003227 00000 n 0000003268 00000 n 0000003412 00000 n 0000003434 00000 n 0000004024 00000 n 0000004046 00000 n 0000004671 00000 n 0000004693 00000 n 0000005320 00000 n 0000005342 00000 n 0000005972 00000 n 0000005994 00000 n 0000006661 00000 n 0000006683 00000 n 0000007314 00000 n 0000007336 00000 n 0000007913 00000 n 0000008186 00000 n 0000008424 00000 n 0000008692 00000 n 0000008957 00000 n 0000009224 00000 n 0000009475 00000 n 0000009709 00000 n 0000009953 00000 n 0000010209 00000 n 0000010472 00000 n 0000010748 00000 n 0000010770 00000 n 0000011408 00000 n 0000011702 00000 n 0000222694 00000 n 0000223174 00000 n 0000223374 00000 n 0000223648 00000 n 0000226326 00000 n 0000226404 00000 n 0000226704 00000 n 0000227020 00000 n 0000227339 00000 n 0000227563 00000 n 0000227795 00000 n 0000228047 00000 n 0000228307 00000 n 0000228567 00000 n 0000228822 00000 n 0000229126 00000 n 0000001489 00000 n 0000002508 00000 n trailer << /Size 241 /Info 187 0 R /Root 189 0 R /Prev 1132849 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 189 0 obj << /Type /Catalog /Pages 184 0 R /PageLabels 182 0 R >> endobj 239 0 obj << /S 907 /L 1191 /Filter /FlateDecode /Length 240 0 R >> stream 岩手県では、長年にわたり人口減少を県政の重要課題として捉え、その対策に取り 組んできており、2014年度には人口問題対策本部(本部長:岩手県知事)を設置し、 人口減少問題に関する議論を重ね、2015 年3月に「人口問題に関する報告」を取り !��qz �qZ��M���+͟u�e��u�|�~ :�C��8=v��ќ�bт]b'�ݜ�8��5r#p�;����P6/���Zw,����2���EN���nj�,K�ß!�b��#Bɑ��gl���ղꨤ�҄h�B�G�d�����3�d! g@a� ;d� 地方へのIT企業誘致 など、さまざまな取り組みが生まれています。 「人口減少問題に関する有識者会議」が、『静岡県の人口減少対策への提言(pdf:6,817kb)』を知事に提出 平成26年12月27日 国は、地方創生に向けて「長期ビジョン」と「総合戦略」を閣議決定 ��x������t�E���, ��1�!�A��� �5���K�2�2�50�0��t`�Q\ȠۀQ6letJ�L@�` A}@� endstream endobj 240 0 obj 924 endobj 190 0 obj << /Type /Page /Parent 183 0 R /Resources 191 0 R /Contents [ 195 0 R 197 0 R 199 0 R 201 0 R 203 0 R 205 0 R 207 0 R 220 0 R ] /MediaBox [ 0 0 533 746 ] /CropBox [ 0 0 533 746 ] /Rotate 0 >> endobj 191 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB ] /Font << /G1 193 0 R >> /XObject << /Im1 211 0 R /Im2 216 0 R /Im3 228 0 R /Im4 229 0 R /Im5 230 0 R /Im6 210 0 R /Im7 212 0 R /Im8 231 0 R /Im9 225 0 R /Im10 209 0 R /Im11 208 0 R /Im12 218 0 R /Im13 213 0 R /Im14 232 0 R /Im15 233 0 R /Im16 234 0 R /Im17 235 0 R /Im18 236 0 R /Im19 237 0 R /Im20 238 0 R /Im21 217 0 R /Im22 214 0 R /Im23 215 0 R >> /ExtGState << /GS2 227 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 192 0 R >> >> endobj 192 0 obj [ /ICCBased 226 0 R ] endobj 193 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Ryumin-Light-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 224 0 R ] >> endobj 194 0 obj 510 endobj 195 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 194 0 R >> stream 移住促進イベント 2. hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'faa3f5e0-623c-4d11-b150-e0ced0f870ad', {}); hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'a8f3fed3-72f9-48d0-ad6c-f535bad9c29d', {}); B2Bマーケティングを幅広く経験。外資系ソフトウェア企業の日本支社立ち上げを行い、創業期の全マーケティング活動を責任者として行う。現在フィリピンに在住、場所にとらわれない働き方を通じ、日本企業のマーケティング支援の戦略立案から実行までの支援を行なっている。Facebookは 0 ){� endstream endobj 202 0 obj 587 endobj 203 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 202 0 R >> stream 日本が直面している深刻な人口減少をストップさせ、地方を元気にしていくためには、以下の「基本方針」に基づき、総合的な戦略を推進する必要がある。 (1)人口減少の深刻な状況について国民の基本認識の共有を図る。 テレワークの導入には以下のようなメリットがあります。, 自社の働き方改革を成功させるため、ぜひ「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」をご参考ください。資料は無料です。, 「人口減少」「労働力不足」と言われても、具体的な深刻さを肌感覚で掴むのは、なかなか難しいかもしれません。, 一体、いつ、どの地域で、どれだけの人材が不足し、企業にとってどのような問題が懸念されているのでしょうか。, 日本における人口減少を企業課題として紐解くには、以下4つの指標で分析できると考えています。, 人口増減の要因のうち、転入・転出によるものは「社会増減率」、出生・ 死亡によるものは「自然増減率」で表わされます。, 人口増減率を都道府県別にみると,47都道府県のうち、人口増加が見られたのは7都県にとどまっていることがわかりました(図左)。, 人口が減少した 40 道府県においては、全て自然減少が原因となっており、反対に人口の自然増加が見られたのは沖縄県のみとなっています(図右)。, 各地域を比較してみると、人口減少によって特に大きな影響を受けているのは、地方であるということがわかります。, 自然増加率がマイナス、つまり同年における出生人数よりも死亡人数が勝ってしまっているだけでなく、一定人数が他県への移住をしていることも否めません。, 結果、東京をはじめとする都市部への一極移住、それによる若手人材の不足無居住地の増加など、さまざまな課題が生じています。, それでは、東京都の人口は安泰なのでしょうか。――実は、必ずしもそうとも言い切れません。, 全国人口の10%以上が居住しているとはいえ、自然増減率は以前マイナスであることから、地方からの移住者で人口を保っていると言っても過言ではありません。自然増減率のみで考えれば、人口はむしろ減少しているのです。, 労働意欲のある15〜64歳を労働人口と定義すると、その数は上の図(赤色部分)のように、年々縮小している傾向にあります。, 実は、総人口の減少そのものよりも、高齢者の割合増加の方が、企業にとってより深刻な脅威になるとも考えられます。, 社会の高齢化が進めば、労働力の欠如により、企業の生産性が下がります。また自ら収入を生み出せず年金などに生活を委ねる高齢者が増えると、モノやサービスの売れ行きが悪化し、経済循環が鈍化します。, そんな中でも企業は、利益を上げ続けなければなりません。そのためには、減り続ける労働人口に反して、一定の労働力を確保し続けることが不可欠なのです。, こうしたことから、近しい将来において優秀な人材確保に難航する可能性は、どの企業にとっても決して他人ごとでは済まされないでしょう。, 完全失業率とは、労働力人口(15歳以上で労働意欲のある者)のうち、完全失業者(無職かつ求職活動中の者)が占める割合を指します。, 総務省統計局による「労働力調査(2019年11月時点)」によると、2019年9月時点での完全失業率は2.4%と言われています。, 数値の増減のみ鑑みれば「雇用情勢は良好である」との判断もできますが、裏を返せば「生活のために働かざるを得ない従業員」と「人手不足に悩む企業」が増加しているとも考えられます。, ちなみに、先の「②少子高齢化による労働力不足」で取り上げた図では、2018年時点での日本の労働人口は7,575万人でした。単純計算すると、同年で約182万人が、失業状態にあるということです。わかりやすく比較するなら、三重県(約179万人)や福島県(約184万人)の人口とほぼ同じです。, 有効求人倍率とは、「企業からの求人数(有効求人数)➗求職者(有効求職者数)」で表されます。, 「1」を中間値として、これより大きくなるほど「求人数が多く、働き手が不足している」状態、反対に小さくなるほど「求職者が多く、企業にとっては選り取り見取り」な状況になります。では、直近数年間の有効求人倍率を見てみましょう。, 戦後から現在にかけての有効求人率変遷と照らし合わせてみても、1970年代の高度経済成長期以来の「求人数が多く、働き手が不足している」状態が見て取れます。, 以上4つの指標から、人口減少に伴う一層深刻な人手不足は、もはや日本のどの地域・企業・コミュニティに属していても避けられない社会問題だと認めざるを得ないでしょう。, 急速な人口減少が、企業にとっての人手不足問題に関係していることは既に説明しました。, 一方で、もし自社のPR戦略や人材確保が順調であるならば、日本の人口減少問題に直面したところで、そこまで脅威と捉える必要はないのかもしれません。, なぜなら中・長期的には、人口減少の影響は各企業の課題を超えた自治体レベルにも及んでしまうからです。, ✔️地方経済の縮小による事業倒産✔️社会の安心・安全を支える仕組みの維持が困難に✔️無居住地点の増加, 労働力人口が減少の一途をたどれば、人手不足による倒産、あるいは後継者不足による廃業のリスクが高まります。, 2019年1〜4月までの人手不足や後継者不足を原因とした倒産の累計は119件であり、過去最高の2018年を上回るペースで推移しています。好景気であっても事業の存続が難しい状況にすでになりつつあると言えます。, 2019年6月に大阪府の救命救急センターが医師の人件費を集めるためにクラウドファンディングを始めることがニュースになりました。人手不足は企業の末端労働者だけではなく、医師、看護師、自衛官など人の命を支える職種、災害時に人を救助する職種にも起きてきます。, また、若い人材が減少することで社会保障制度においての負担と受益のバランスが崩れます。高齢化により介護費用・医療費用が増大するにもかかわらず若者世代は少なくなるため、これまでの仕組みは維持することが難しくなると言えます。社会の安心、安全を支える仕組みがゆらいでしまうのです。, 国土交通省は、2050年において、人口が2010年時点の半分以下になる地点が「現在の6割以上」と予測しました。また同時に、2割の地点が「無居住化」するとも指摘しています。, 島国である日本の地方部の無居住地増加は、防衛や安全保障という観点からも大きな問題だと言えるでしょう。, 人口減少が予測できている今のうちから、自社でしっかりと人材確保対策を打っておかなければ、いつか「後悔先に立たず」状態に頭を抱えることになるでしょう。, しかし、日本全国で減少するばかりの人材を、どのようにして確保すれば良いのでしょうか。, 人口減少に伴う労働人材不足の対策として、ぜひ考えていただきたい施策の一つが、「テレワーク」の導入です。, テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指します。, 特定の場所への出社・退社や、月に20日間の物理的拘束を伴わないワークスタイルのため、下記のような潜在的労働人材の採用に大いに貢献します。, ✔️遠方に住んでいる人✔️家事や介護などの理由で外出が困難な人✔️車椅子使用などで物理的な移動が困難な人✔️面と向かってのコミュニケーションを苦手とする人, 特に地方の人口を増加させるためには、出生率を上げる取組や地方へ人材が移住する流れを作ることも大事ですが、地方でも都心と遜色ないビジネスが行える環境を整えることが重要です。, 自然豊かな環境でありながら町内全域に整備された高速ブロードバンド網、大手企業のサテライトオフィス開設や移住者の増加などで2011年に人口増となった徳島県神山町は、地方創生のモデルケースとして注目を浴びている自治体です。, しかし、神山町は当初からサテライトオフィス集積を目的としていたわけではなく、働きやすいビジネスの場を提供することと毎年芸術家を国内外から招くなど「質」を重視した地方創生の取組を行っていました。それが結果としてブランディングにつながり、移住希望者が増加します。, 高速インターネット網など都心同様のビジネス環境があることから、人のつながりを介して一社のIT企業が神山町でサテライトオフィスを開設し、それがTVで紹介されたことがきっかけでほかのIT企業もサテライトオフィスを設けるという好循環が生まれ、自治体の予想を超えた成功につながったというまさに奇跡のような経緯があります。, 2014年に日本創成会議より「消滅可能性」があると指摘された北海度厚真町は、自治体の努力により平成22年~平成27年までの社会増減率を2.85%と増加に転じさせることに成功しています。, 新千歳国際空港から35分、羽田空港から飛行機と車で2時間5分という地の利を活かし「東京圏との日帰りも可能」というキャッチーなコピーで600区画整備した分譲地を約500区画販売することに成功。周辺自治体より2割近く安価な「子育て支援住宅」も建設し子育て世代の移住を促進したことなどが人口増の要因です。, 現在は地震の影響により貸出を中止していますが、厚真町でテレワーク又はサテライトオフィスの開設、起業を検討している人を対象に、北海道らしい雰囲気の木造建造物に光回線やデスク、プリンターなどが整備されたオフィス部分と住居部分が一体となった「厚真町お試しサテライトオフィス専用施設」も設置しています。, 岩手県の内陸部に位置する遠野市は、閉校になった旧中学校を改修して平成26年に「遠野みらい創りカレッジ」を開校。平成28年時点でカレッジ利用者数が5049名、平成22年から28年の起業件数は103件に増加。移住者も増え、平成22年から平成27年人口の社会増減率がプラスに転じています。, 平成29年にはテレワークセンターも施設内に開設し、テレビ会議システムやWi-Fiを完備。地方での仕事や2拠点で仕事をしたい人などを支援する環境を整備しています。, 会津若松市は2019年4月に、データ解析産業の集積を目的としたICTオフィスビル「AiCT」を完成。誘致する企業には市が収集したデータと実証する場を提供するため企業側にとっては実社会で実証実験を行えるメリットがあり、ビルの完成時点で大手外資系、国内大手企業17社の入居が決まっています。, データ産業を集積することで、農業、観光、医療・福祉などの地域のさまざまな課題を、ICTで解決し、地域にイノベ-ションを起こすことも期待されています。地方においても都会同様の事業環境を整備することで、成長産業分野の企業誘致に成功しています。, リクルートグループの特例子会社であるリクルートオフィスサポートは、2016年より地方在住の障がい者の「在宅雇用」をスタートさせました。それから3年間で、在宅で業務にあたる従業員は68人に拡大しています(2019年5月31日時点)。, 特徴的な取り組みとしては、朝会と夕会でビデオ通話によるコミュニケーションをとっている他、在宅のメンバーには朝会終了後に、「とても良い」「良い」「普通」「悪い」「とても悪い」の五段階に分けたその日の体調をポータルサイトに記載してもらうようにしています。, その理由や状態も備考欄に記載できるようになっており、業務担当は必ずチームメンバーの状態を確認し、必要であれば業務量を調整するようにしています。, 「障がい者のテレワーク雇用を促進するリクルートオフィスサポート。従業員のベストパフォーマンスを引き出すマネジメント術とは?」に記事にて詳細を記載しています。合わせてご覧ください。, 平成26年に国が掲げた「2060年に1億人程度の人口を維持」という中長期展望のもと、国と地方自治体も連携してさまざまな政策目標・施策を策定し実行しています。最後に、国・地方自治体の支援策や取組事例を紹介します。, 地方でのUIJターンによる起業・就業を創出することを応援した、地方創生推進交付金を活用した取り組みもあります。東京一極集中の是正及び地方の担い手不足対策が主な目的です。, UIJターンとは、下記3つの人口還流現象のことで、特に地方における人材確保の鍵となっています。, 本取り組みは2019年からスタートしており、すでに北海道・青森県・島根県などの多くの都道府県が事業を推進しています。, 青森県ではマッチングサイト「あおもりジョブ」の求人に応募し、平成31年4月以降に東京圏から青森県へ移住した人に移住先の市町村から移住支援金を支給しています。, 対象者:直近で連続して5年以上東京23区に在住していた方、東京圏(一部の条件不利地域を除いた埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に5年以上在住しかつ東京23区に通勤していた方。, 人材支援策は、「従業員を採用したい」という基本的な人材確保の支援から、「採用改善対策を行う際の支援を受けたい」「従業員の待遇改善に関する支援を受けたい」といった取り組み中盤におけるサポートも対象となります。, 地方創生事業展開に必要なデータ分析、戦略の検討、事業化や資金調達の各種手法、観光・DMO、住民自治や交流などが学べるオンライン講座の提供。, 地方自治体の地方創生についての相談窓口を設置。それぞれの都道府県に勤務した経験がある職員やその都道府県出身の職員が対応。, 市町村長の補佐役として国家公務員や大学の研究者や民間のシンクタンクの人材などを派遣し、地方創生推進を支援。, 国や民間が持つ地域経済に関わるさまざまな情報を収集したビッグデータを可視化した地域経済分析システム「RESAS」とデータのAPIを、地方自治体に提供しています。, 出生率が低下傾向にあるだけでなく、人の移動や働き方の多様化といった要素も無視できません。, 母数が減り続ける労働力を継続的に確保するためには、企業側も、20日間フルタイムで従業員をオフィスに縛り付けるような従来の働き方を見直さないわけにはいかなくなるでしょう。, 求職者が、在宅勤務や自宅に近いサテライトオフィス勤務からのテレワークなど、フレキシビリティのある企業を選んでいくに違いないからです。, また、こうした自社の働き方改革を推進するにあたり、政府からのサポートも利用できます。, 働き手の数が減少の一途をたどることが予想される将来は、まさに「猫の手も借りたい」状態。, 労働意欲やスキルを持っていながらも、何らかの事情により長時間自宅から離れられない人・首都圏外に拠点をおいている人などを、上手く活用していきましょう。, ワークライフバランスの充実化や健康経営の促進、従業員にやりがいを持って仕事をしてもらうための社内環境の整備など、一人でも多くの人材を確保するためにできることは数多くあります。, しかしその一方で「やらなければいけないこと分かるけど何からはじめれば良いのだろう......」そうお困りの企業担当者さまもいらっしゃることでしょう。, そこで導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。, 優秀な人材を一人でも多く確保するためにも、ぜひテレワークを検討してみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。. 扇風機おすすめ 2020 コスパ, にじさんじ Bora Apex, はじめしゃちょー 大学 偏差値, クッションフロア 賃貸 デメリット, コカコーラ Cm 80年代 モデル, Amazon Music ダウンロードできない, " />

Merry Wedding(メリーウェディング)丨おしゃれなウェルカムボード・席次表・プロフィールブック通販サイト メリーウェディングは、プロのデザイナーによる結婚式のウェルカムボード・席次表・プロフィールブックなどのウェディングアイテムの通販サイトです。トレンド感のあるシンプルでおしゃれな商品をご用意しております

人口減少 対策 地方

平成31年1月23日(水)に「普代村まち・ひと・しごと創生総合戦略」の効果検証作業を実施しました。 平成30年度第1回普代村まち・ひと・しごと創生推進会議を開催し、下記のとおり平成29年度に実施した地方創生拠点整備交付金事業など(7事業)についての効果検証作業と平成30年度事業の進捗状況などの協議を行いました。 【検証結果】 ・平成30年度第1回普代村まち・ひと・しごと創生推進会議議事録(442KB) ・平成30年度第1回普代村まち・ひと・しごと創生推進会議次第(95KB) ・総合戦略ア … 地方創生を旗頭に掲げ、2015年から国を挙げて人口減少対策に取り組みはじめ、早くも4年が経とうとしています。 この間、全国的にメジャーな成功事例とされるケースがいくつか生まれていますが、他自治体への横展開は限定的といわざるを得ません。 %PDF-1.3 %���� H��Tۊ�@���V+�4�B�)�����ر�m)y��W�%$�-�����9���m��P�Ԏ pFK�v&�P�(� GN�k��餩?́�N����=��%�}�����2v�;��@��#4�ݐ�ЌЏG�֣������s��i�+�R�$�B�� s�ԇ�������o�!��M�-$/����uV%�+�A���v�XU'�D���G���9J�x�PD3~��~�`q�EV���+P@ 完全失業率 4. }쉨�����Ϲ�B��{��w�V?˜\�_�3F*�Qm�ߐ+��}Ī�КE"mfຣR{���Yt��j",��{���e�=e�^�{�ˢ2Sfg�ƙ(8 �������K��M�ށXI���C,�.D����K������L��{�'�cإ^oy�Ό��Qш�:A�D�����q�'��3i6��aS������Ӫ9�&dG6�.d���M����˄���@���Q�0fS{0��؜γ�䲲�̾7p\�P�+���)�f�w�~��+�K79"Rc�er7�� �/� endstream endobj 204 0 obj 551 endobj 205 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 204 0 R >> stream 有効求人倍率 まずは、それぞれの具体的な数字と共に、人口減少の実態を多角的に掴んでみましょう。 (��^��&rطn�'�k�B�������y@QG1��D��yԢ5}��)�ʵ��Y�q>k�3��+����3F���׾RP�]_f�����=�w�}��V���������z���451u��ҵ��mn�].ޤ��MB��h�jYb+�Mo������#�zSgx����Rg����s��X8^mo0�N!��yɭ�kt�99���d1�f����K� �� endstream endobj 206 0 obj 497 endobj 207 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 206 0 R >> stream からも人口減少に関する多 立した「少子化社会対策基 ), 年に滋賀県におい ),などがあげられる。こ ける人口減少からもたらさ ての地域における人口減少 *この論文 課題番号 謝の意を表 についてはま このように 本全国の各地 勝山市地方創生総合戦略について 日本の総人口は平成20年をピークに減少を始め、このままでは消費・経済力が低下し、日本の経済社会に対して大きな影響を与えます。勝山市でも人口減少が著しく、人口減少問題対策は喫緊の課題となっています。 "�l� ���y���9����� H}5� �/��,����ȯ�{���{��]U�L��W�����8`�y�|K���]7� 2:���cn7v��[z�|��V���ݕ���sfo�-�'#�:zr�/�IKXxo�O���۝����~�����v�`G�ݼ9�������O�/��TPȽm���vв���Ӯ�J~�[(�[�B`�� �ŷ�ro�����b�=��=� {�K�h��u�F��${U�����)��u�>Đ/���u]=����P��ꓝ��',k�V*��vc��4Շ�M���0��.��w�[��ȾtQ��P7J9)=Udum���gKJo�8E����־�u�.�r�������זv�yw��Ll��ӫC�v4��7�c��qxwP���u��4��? 少子高齢化による労働力不足 3. 人口数の遷移 2. t��TU������a��G�ڏSD�a�o�\\g��HՀ��IC�W��U���]�`�d�A49j\ʕ��6�C��U�eXv[J�aD>�]�^�)юQ�l���1������@���1��{?aR����M��3�>���\&���u�>�]�_�y�+(Wߊȱu�@�"Iu���,��N�s�[Ê8.�K�c�!�����L"3�0���|���7[@��I��'��r���` ) endstream endobj 196 0 obj 545 endobj 197 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 196 0 R >> stream H��Tˊ1����>�)Y�e�0��9$����ܯC` ��Kdwϲ���0��V��*����eJ0Q�3d��B4r. 地方創生とは人口急減・超高齢化という大きな課題に対し、国と地方が一体となり、これまでにない危機感を持って人口減少に取り組むため、地方で「しごと」をつくり、それが「ひと」を呼び、さらに「しごと」と「ひと」の好循環を確立させ、地域特性を生かした自立的で持続的な「まち」を創ることで … 2014年5月、日本創成会議・人口減少問題検討分科会(座長:増田寛也東京大学大学院客員教授)が「ストップ少子化・地方元気戦略」を発表、人口減少の現状と将来の姿を身近な地域のレベルまで示し、衝撃を与えた。具体的には、人口移動率が収まらないとの仮定を置くと、20 ~ 39歳女性人口が10年から40年にかけて半分以下になる自治体数は全自治体の約半数に達する見通しで、このままでは多くの地域が消滅する恐れが高く、少子化対策の視点からも地方から大都市への「人の流れ」を変える必要 … こちら。ウェブサイトは P��p����[VI�z��Y�Ԝh�?N��!���+��bc��y\�������×7 ���a�/碑��KƄ�0|`>L2! 第2期「ふくい創生・人口減少対策戦略」の策定について 第2期戦略では、「福井の将来を担う次世代を育成することこそが、超高齢化社会に備えた最重要施策である」という考え方のもと、将来世代のために今何ができるかを最優先(次世代ファースト)に検討してきました。 H�b```f``��������A���b�,;q4����íT׹ ���/]�N_��@06�̎V3��Sw���T�͐l�\���+�X��?��Z��pO������! 将来にわたって人口減少を克服し、地域の経済社会の活性化を図るため、高岡市の「地方創生」のあり方、道筋を示す第2期高岡市総合戦略「みらい・たかおか」を策定 �|]#n@�_ٯ��/0]jQ�n?�T��@fVy��5�j�� �D���s�1'�=�*X%P�^ͼ����ś��!6,�pj�E��t{눵DX57��YG��hV��;��J5�H����X V ����p<7\�R;ej��e��h�T�5�����A ��:,�oȪ� V����5���Z�z�p��0~��p�\��������W��+>��>��v�%^pw���1�;:��4ǘ���s���Ƒhs�z��V�*�VO�@�B_��r{�`�!� �w,��SP�cx��ڀ�`�MF��0"[�3����-&�xy�x���ர����MR[����9�@m��Iݤ����S�|���z0��J��� �N����\���n�,FXUJ�-Zq�4��4��Di3�^�H4Zw��d�=��J�y�[�y�^��zn�z���at(�Ƈ���'�"m8��8ݷ M�� endstream endobj 198 0 obj 547 endobj 199 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 198 0 R >> stream 人口減少は3つのプロセスを経て進行。大都市や中核市は第一段階にあるのに対して、地方 では既に第二段階、さらには第三段階に差し掛かっている地域もある。 第一段階:老年人口増加+生産年齢・年少人口減少 �ϝo]�g�䦆C�wC�5�qzl4��hW���� "�?�X�|f���������`� ���i>��_�� $�_8�������J�6]K֤��� H�tS�nA��������`�J�Z]�B�*��ې{{�����N䐜�@�6ݖ�Wй��� � ���]=0e���W�O��r�L��|��Ȥ= @C6p\g0kPKp$�o6��o���qrbٽ�o �w��مJ뻄�"_O����{9Lw��S��ʂƃf��R�Du|�=&,:��{I�E����Q����B{:��&j)8�5������!#��%������9*�Z~n^�XH{E�S7���/�BK.���l�ʤ������m���@��\4nn՜�c�v�l�_"��4qH���ؚw�aR��Ij�j��r���^��溒I�e��$��zO�4��bfɝf������eEcSK�/��LU0p�ܨp��R�P.ē��.����BA�K�ŕF���ӝj^��8ի�s$j����(_kF悻���������K.] こちら。LinkedInは H��T���@���c��1��V�#��"��v�tB�B�x���r�Ikv����� ��_O@3�����P�v�a� F:�>^BLF�ߵ�E�|D��}�����F}�y�$a`7`���X`��`��yͺ�����.ql \�h�d+�� 当然、人口密度が運輸部門の1人当たり排出量に影響する。 日本の多くの地方が温室効果ガス削減に取り組むと宣言しているが、人口減少が進む中で1人当たりの排出量は自然と増えていく。その対策は極め … 188 0 obj << /Linearized 1 /O 190 /H [ 1489 1041 ] /L 1136739 /E 229578 /N 23 /T 1132860 >> endobj xref 188 53 0000000016 00000 n 0000001411 00000 n 0000002530 00000 n 0000002748 00000 n 0000003227 00000 n 0000003268 00000 n 0000003412 00000 n 0000003434 00000 n 0000004024 00000 n 0000004046 00000 n 0000004671 00000 n 0000004693 00000 n 0000005320 00000 n 0000005342 00000 n 0000005972 00000 n 0000005994 00000 n 0000006661 00000 n 0000006683 00000 n 0000007314 00000 n 0000007336 00000 n 0000007913 00000 n 0000008186 00000 n 0000008424 00000 n 0000008692 00000 n 0000008957 00000 n 0000009224 00000 n 0000009475 00000 n 0000009709 00000 n 0000009953 00000 n 0000010209 00000 n 0000010472 00000 n 0000010748 00000 n 0000010770 00000 n 0000011408 00000 n 0000011702 00000 n 0000222694 00000 n 0000223174 00000 n 0000223374 00000 n 0000223648 00000 n 0000226326 00000 n 0000226404 00000 n 0000226704 00000 n 0000227020 00000 n 0000227339 00000 n 0000227563 00000 n 0000227795 00000 n 0000228047 00000 n 0000228307 00000 n 0000228567 00000 n 0000228822 00000 n 0000229126 00000 n 0000001489 00000 n 0000002508 00000 n trailer << /Size 241 /Info 187 0 R /Root 189 0 R /Prev 1132849 /ID[] >> startxref 0 %%EOF 189 0 obj << /Type /Catalog /Pages 184 0 R /PageLabels 182 0 R >> endobj 239 0 obj << /S 907 /L 1191 /Filter /FlateDecode /Length 240 0 R >> stream 岩手県では、長年にわたり人口減少を県政の重要課題として捉え、その対策に取り 組んできており、2014年度には人口問題対策本部(本部長:岩手県知事)を設置し、 人口減少問題に関する議論を重ね、2015 年3月に「人口問題に関する報告」を取り !��qz �qZ��M���+͟u�e��u�|�~ :�C��8=v��ќ�bт]b'�ݜ�8��5r#p�;����P6/���Zw,����2���EN���nj�,K�ß!�b��#Bɑ��gl���ղꨤ�҄h�B�G�d�����3�d! g@a� ;d� 地方へのIT企業誘致 など、さまざまな取り組みが生まれています。 「人口減少問題に関する有識者会議」が、『静岡県の人口減少対策への提言(pdf:6,817kb)』を知事に提出 平成26年12月27日 国は、地方創生に向けて「長期ビジョン」と「総合戦略」を閣議決定 ��x������t�E���, ��1�!�A��� �5���K�2�2�50�0��t`�Q\ȠۀQ6letJ�L@�` A}@� endstream endobj 240 0 obj 924 endobj 190 0 obj << /Type /Page /Parent 183 0 R /Resources 191 0 R /Contents [ 195 0 R 197 0 R 199 0 R 201 0 R 203 0 R 205 0 R 207 0 R 220 0 R ] /MediaBox [ 0 0 533 746 ] /CropBox [ 0 0 533 746 ] /Rotate 0 >> endobj 191 0 obj << /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB ] /Font << /G1 193 0 R >> /XObject << /Im1 211 0 R /Im2 216 0 R /Im3 228 0 R /Im4 229 0 R /Im5 230 0 R /Im6 210 0 R /Im7 212 0 R /Im8 231 0 R /Im9 225 0 R /Im10 209 0 R /Im11 208 0 R /Im12 218 0 R /Im13 213 0 R /Im14 232 0 R /Im15 233 0 R /Im16 234 0 R /Im17 235 0 R /Im18 236 0 R /Im19 237 0 R /Im20 238 0 R /Im21 217 0 R /Im22 214 0 R /Im23 215 0 R >> /ExtGState << /GS2 227 0 R >> /ColorSpace << /Cs6 192 0 R >> >> endobj 192 0 obj [ /ICCBased 226 0 R ] endobj 193 0 obj << /Type /Font /Subtype /Type0 /BaseFont /Ryumin-Light-Identity-H /Encoding /Identity-H /DescendantFonts [ 224 0 R ] >> endobj 194 0 obj 510 endobj 195 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 194 0 R >> stream 移住促進イベント 2. hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'faa3f5e0-623c-4d11-b150-e0ced0f870ad', {}); hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(1970584, 'a8f3fed3-72f9-48d0-ad6c-f535bad9c29d', {}); B2Bマーケティングを幅広く経験。外資系ソフトウェア企業の日本支社立ち上げを行い、創業期の全マーケティング活動を責任者として行う。現在フィリピンに在住、場所にとらわれない働き方を通じ、日本企業のマーケティング支援の戦略立案から実行までの支援を行なっている。Facebookは 0 ){� endstream endobj 202 0 obj 587 endobj 203 0 obj << /Filter /FlateDecode /Length 202 0 R >> stream 日本が直面している深刻な人口減少をストップさせ、地方を元気にしていくためには、以下の「基本方針」に基づき、総合的な戦略を推進する必要がある。 (1)人口減少の深刻な状況について国民の基本認識の共有を図る。 テレワークの導入には以下のようなメリットがあります。, 自社の働き方改革を成功させるため、ぜひ「ゼロから学べるテレワーク導入完全ガイド」をご参考ください。資料は無料です。, 「人口減少」「労働力不足」と言われても、具体的な深刻さを肌感覚で掴むのは、なかなか難しいかもしれません。, 一体、いつ、どの地域で、どれだけの人材が不足し、企業にとってどのような問題が懸念されているのでしょうか。, 日本における人口減少を企業課題として紐解くには、以下4つの指標で分析できると考えています。, 人口増減の要因のうち、転入・転出によるものは「社会増減率」、出生・ 死亡によるものは「自然増減率」で表わされます。, 人口増減率を都道府県別にみると,47都道府県のうち、人口増加が見られたのは7都県にとどまっていることがわかりました(図左)。, 人口が減少した 40 道府県においては、全て自然減少が原因となっており、反対に人口の自然増加が見られたのは沖縄県のみとなっています(図右)。, 各地域を比較してみると、人口減少によって特に大きな影響を受けているのは、地方であるということがわかります。, 自然増加率がマイナス、つまり同年における出生人数よりも死亡人数が勝ってしまっているだけでなく、一定人数が他県への移住をしていることも否めません。, 結果、東京をはじめとする都市部への一極移住、それによる若手人材の不足無居住地の増加など、さまざまな課題が生じています。, それでは、東京都の人口は安泰なのでしょうか。――実は、必ずしもそうとも言い切れません。, 全国人口の10%以上が居住しているとはいえ、自然増減率は以前マイナスであることから、地方からの移住者で人口を保っていると言っても過言ではありません。自然増減率のみで考えれば、人口はむしろ減少しているのです。, 労働意欲のある15〜64歳を労働人口と定義すると、その数は上の図(赤色部分)のように、年々縮小している傾向にあります。, 実は、総人口の減少そのものよりも、高齢者の割合増加の方が、企業にとってより深刻な脅威になるとも考えられます。, 社会の高齢化が進めば、労働力の欠如により、企業の生産性が下がります。また自ら収入を生み出せず年金などに生活を委ねる高齢者が増えると、モノやサービスの売れ行きが悪化し、経済循環が鈍化します。, そんな中でも企業は、利益を上げ続けなければなりません。そのためには、減り続ける労働人口に反して、一定の労働力を確保し続けることが不可欠なのです。, こうしたことから、近しい将来において優秀な人材確保に難航する可能性は、どの企業にとっても決して他人ごとでは済まされないでしょう。, 完全失業率とは、労働力人口(15歳以上で労働意欲のある者)のうち、完全失業者(無職かつ求職活動中の者)が占める割合を指します。, 総務省統計局による「労働力調査(2019年11月時点)」によると、2019年9月時点での完全失業率は2.4%と言われています。, 数値の増減のみ鑑みれば「雇用情勢は良好である」との判断もできますが、裏を返せば「生活のために働かざるを得ない従業員」と「人手不足に悩む企業」が増加しているとも考えられます。, ちなみに、先の「②少子高齢化による労働力不足」で取り上げた図では、2018年時点での日本の労働人口は7,575万人でした。単純計算すると、同年で約182万人が、失業状態にあるということです。わかりやすく比較するなら、三重県(約179万人)や福島県(約184万人)の人口とほぼ同じです。, 有効求人倍率とは、「企業からの求人数(有効求人数)➗求職者(有効求職者数)」で表されます。, 「1」を中間値として、これより大きくなるほど「求人数が多く、働き手が不足している」状態、反対に小さくなるほど「求職者が多く、企業にとっては選り取り見取り」な状況になります。では、直近数年間の有効求人倍率を見てみましょう。, 戦後から現在にかけての有効求人率変遷と照らし合わせてみても、1970年代の高度経済成長期以来の「求人数が多く、働き手が不足している」状態が見て取れます。, 以上4つの指標から、人口減少に伴う一層深刻な人手不足は、もはや日本のどの地域・企業・コミュニティに属していても避けられない社会問題だと認めざるを得ないでしょう。, 急速な人口減少が、企業にとっての人手不足問題に関係していることは既に説明しました。, 一方で、もし自社のPR戦略や人材確保が順調であるならば、日本の人口減少問題に直面したところで、そこまで脅威と捉える必要はないのかもしれません。, なぜなら中・長期的には、人口減少の影響は各企業の課題を超えた自治体レベルにも及んでしまうからです。, ✔️地方経済の縮小による事業倒産✔️社会の安心・安全を支える仕組みの維持が困難に✔️無居住地点の増加, 労働力人口が減少の一途をたどれば、人手不足による倒産、あるいは後継者不足による廃業のリスクが高まります。, 2019年1〜4月までの人手不足や後継者不足を原因とした倒産の累計は119件であり、過去最高の2018年を上回るペースで推移しています。好景気であっても事業の存続が難しい状況にすでになりつつあると言えます。, 2019年6月に大阪府の救命救急センターが医師の人件費を集めるためにクラウドファンディングを始めることがニュースになりました。人手不足は企業の末端労働者だけではなく、医師、看護師、自衛官など人の命を支える職種、災害時に人を救助する職種にも起きてきます。, また、若い人材が減少することで社会保障制度においての負担と受益のバランスが崩れます。高齢化により介護費用・医療費用が増大するにもかかわらず若者世代は少なくなるため、これまでの仕組みは維持することが難しくなると言えます。社会の安心、安全を支える仕組みがゆらいでしまうのです。, 国土交通省は、2050年において、人口が2010年時点の半分以下になる地点が「現在の6割以上」と予測しました。また同時に、2割の地点が「無居住化」するとも指摘しています。, 島国である日本の地方部の無居住地増加は、防衛や安全保障という観点からも大きな問題だと言えるでしょう。, 人口減少が予測できている今のうちから、自社でしっかりと人材確保対策を打っておかなければ、いつか「後悔先に立たず」状態に頭を抱えることになるでしょう。, しかし、日本全国で減少するばかりの人材を、どのようにして確保すれば良いのでしょうか。, 人口減少に伴う労働人材不足の対策として、ぜひ考えていただきたい施策の一つが、「テレワーク」の導入です。, テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語で、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を指します。, 特定の場所への出社・退社や、月に20日間の物理的拘束を伴わないワークスタイルのため、下記のような潜在的労働人材の採用に大いに貢献します。, ✔️遠方に住んでいる人✔️家事や介護などの理由で外出が困難な人✔️車椅子使用などで物理的な移動が困難な人✔️面と向かってのコミュニケーションを苦手とする人, 特に地方の人口を増加させるためには、出生率を上げる取組や地方へ人材が移住する流れを作ることも大事ですが、地方でも都心と遜色ないビジネスが行える環境を整えることが重要です。, 自然豊かな環境でありながら町内全域に整備された高速ブロードバンド網、大手企業のサテライトオフィス開設や移住者の増加などで2011年に人口増となった徳島県神山町は、地方創生のモデルケースとして注目を浴びている自治体です。, しかし、神山町は当初からサテライトオフィス集積を目的としていたわけではなく、働きやすいビジネスの場を提供することと毎年芸術家を国内外から招くなど「質」を重視した地方創生の取組を行っていました。それが結果としてブランディングにつながり、移住希望者が増加します。, 高速インターネット網など都心同様のビジネス環境があることから、人のつながりを介して一社のIT企業が神山町でサテライトオフィスを開設し、それがTVで紹介されたことがきっかけでほかのIT企業もサテライトオフィスを設けるという好循環が生まれ、自治体の予想を超えた成功につながったというまさに奇跡のような経緯があります。, 2014年に日本創成会議より「消滅可能性」があると指摘された北海度厚真町は、自治体の努力により平成22年~平成27年までの社会増減率を2.85%と増加に転じさせることに成功しています。, 新千歳国際空港から35分、羽田空港から飛行機と車で2時間5分という地の利を活かし「東京圏との日帰りも可能」というキャッチーなコピーで600区画整備した分譲地を約500区画販売することに成功。周辺自治体より2割近く安価な「子育て支援住宅」も建設し子育て世代の移住を促進したことなどが人口増の要因です。, 現在は地震の影響により貸出を中止していますが、厚真町でテレワーク又はサテライトオフィスの開設、起業を検討している人を対象に、北海道らしい雰囲気の木造建造物に光回線やデスク、プリンターなどが整備されたオフィス部分と住居部分が一体となった「厚真町お試しサテライトオフィス専用施設」も設置しています。, 岩手県の内陸部に位置する遠野市は、閉校になった旧中学校を改修して平成26年に「遠野みらい創りカレッジ」を開校。平成28年時点でカレッジ利用者数が5049名、平成22年から28年の起業件数は103件に増加。移住者も増え、平成22年から平成27年人口の社会増減率がプラスに転じています。, 平成29年にはテレワークセンターも施設内に開設し、テレビ会議システムやWi-Fiを完備。地方での仕事や2拠点で仕事をしたい人などを支援する環境を整備しています。, 会津若松市は2019年4月に、データ解析産業の集積を目的としたICTオフィスビル「AiCT」を完成。誘致する企業には市が収集したデータと実証する場を提供するため企業側にとっては実社会で実証実験を行えるメリットがあり、ビルの完成時点で大手外資系、国内大手企業17社の入居が決まっています。, データ産業を集積することで、農業、観光、医療・福祉などの地域のさまざまな課題を、ICTで解決し、地域にイノベ-ションを起こすことも期待されています。地方においても都会同様の事業環境を整備することで、成長産業分野の企業誘致に成功しています。, リクルートグループの特例子会社であるリクルートオフィスサポートは、2016年より地方在住の障がい者の「在宅雇用」をスタートさせました。それから3年間で、在宅で業務にあたる従業員は68人に拡大しています(2019年5月31日時点)。, 特徴的な取り組みとしては、朝会と夕会でビデオ通話によるコミュニケーションをとっている他、在宅のメンバーには朝会終了後に、「とても良い」「良い」「普通」「悪い」「とても悪い」の五段階に分けたその日の体調をポータルサイトに記載してもらうようにしています。, その理由や状態も備考欄に記載できるようになっており、業務担当は必ずチームメンバーの状態を確認し、必要であれば業務量を調整するようにしています。, 「障がい者のテレワーク雇用を促進するリクルートオフィスサポート。従業員のベストパフォーマンスを引き出すマネジメント術とは?」に記事にて詳細を記載しています。合わせてご覧ください。, 平成26年に国が掲げた「2060年に1億人程度の人口を維持」という中長期展望のもと、国と地方自治体も連携してさまざまな政策目標・施策を策定し実行しています。最後に、国・地方自治体の支援策や取組事例を紹介します。, 地方でのUIJターンによる起業・就業を創出することを応援した、地方創生推進交付金を活用した取り組みもあります。東京一極集中の是正及び地方の担い手不足対策が主な目的です。, UIJターンとは、下記3つの人口還流現象のことで、特に地方における人材確保の鍵となっています。, 本取り組みは2019年からスタートしており、すでに北海道・青森県・島根県などの多くの都道府県が事業を推進しています。, 青森県ではマッチングサイト「あおもりジョブ」の求人に応募し、平成31年4月以降に東京圏から青森県へ移住した人に移住先の市町村から移住支援金を支給しています。, 対象者:直近で連続して5年以上東京23区に在住していた方、東京圏(一部の条件不利地域を除いた埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)に5年以上在住しかつ東京23区に通勤していた方。, 人材支援策は、「従業員を採用したい」という基本的な人材確保の支援から、「採用改善対策を行う際の支援を受けたい」「従業員の待遇改善に関する支援を受けたい」といった取り組み中盤におけるサポートも対象となります。, 地方創生事業展開に必要なデータ分析、戦略の検討、事業化や資金調達の各種手法、観光・DMO、住民自治や交流などが学べるオンライン講座の提供。, 地方自治体の地方創生についての相談窓口を設置。それぞれの都道府県に勤務した経験がある職員やその都道府県出身の職員が対応。, 市町村長の補佐役として国家公務員や大学の研究者や民間のシンクタンクの人材などを派遣し、地方創生推進を支援。, 国や民間が持つ地域経済に関わるさまざまな情報を収集したビッグデータを可視化した地域経済分析システム「RESAS」とデータのAPIを、地方自治体に提供しています。, 出生率が低下傾向にあるだけでなく、人の移動や働き方の多様化といった要素も無視できません。, 母数が減り続ける労働力を継続的に確保するためには、企業側も、20日間フルタイムで従業員をオフィスに縛り付けるような従来の働き方を見直さないわけにはいかなくなるでしょう。, 求職者が、在宅勤務や自宅に近いサテライトオフィス勤務からのテレワークなど、フレキシビリティのある企業を選んでいくに違いないからです。, また、こうした自社の働き方改革を推進するにあたり、政府からのサポートも利用できます。, 働き手の数が減少の一途をたどることが予想される将来は、まさに「猫の手も借りたい」状態。, 労働意欲やスキルを持っていながらも、何らかの事情により長時間自宅から離れられない人・首都圏外に拠点をおいている人などを、上手く活用していきましょう。, ワークライフバランスの充実化や健康経営の促進、従業員にやりがいを持って仕事をしてもらうための社内環境の整備など、一人でも多くの人材を確保するためにできることは数多くあります。, しかしその一方で「やらなければいけないこと分かるけど何からはじめれば良いのだろう......」そうお困りの企業担当者さまもいらっしゃることでしょう。, そこで導入を検討していきたいのが、テレワークです。テレワークとは、パソコンやスマートフォンなどICT技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。, 優秀な人材を一人でも多く確保するためにも、ぜひテレワークを検討してみましょう。資料は無料で忙しい方でもすぐに読むことができます。.

扇風機おすすめ 2020 コスパ, にじさんじ Bora Apex, はじめしゃちょー 大学 偏差値, クッションフロア 賃貸 デメリット, コカコーラ Cm 80年代 モデル, Amazon Music ダウンロードできない,

Merry Wedding(メリーウェディング)丨おしゃれなウェルカムボード・席次表・プロフィールブック通販サイト

Merry Wedding(メリーウェディング)丨おしゃれなウェルカムボード・席次表・プロフィールブック通販サイト

メリーウェディングは、プロのデザイナーによる結婚式のウェルカムボード・席次表・プロフィールブックなどのウェディングアイテムの通販サイトです。トレンド感のあるシンプルでおしゃれな商品をご用意しております。

営業時間 月〜金 10:00〜18:00
屋号 メリーウェディング
住所 〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通1-7-15 東洋ハイツ2階 KITANOMAD-2C
電話番号 050-7585-4735
定休日 土・日・祝日
代表者名 田中 茜
E-mail info@merry-wedding.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Merry Wedding(メリーウェディング)丨おしゃれなウェルカムボード・席次表・プロフィールブック通販サイト メリーウェディングは、プロのデザイナーによる結婚式のウェルカムボード・席次表・プロフィールブックなどのウェディングアイテムの通販サイトです。トレンド感のあるシンプルでおしゃれな商品をご用意しております

〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通1-7-15
東洋ハイツ2階 KITANOMAD-2C

050-7585-4735

営業時間 10:00〜18:00 (定休日:土・日・祝日)

MAPを見る
[instagram-feed]